グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  会社案内 >  クリニックにおける感染症対策に役立つ情報

クリニックにおける感染症対策に役立つ情報


感染症対策の情報提供を目的として「当社クライアントのクリニックの対策事例」「感染症関連のリンク・論文・文献」「公的機関の情報」をまとめてご紹介いたします。

※健康・栄養素に関する情報提供を目的としております。当社製品の優位性を示すものではありません。

当社クライアントのクリニックの新型コロナウイルス感染症対策事例

中島こうやクリニック 院長 中島孝哉先生

感染症専門医であり、日本抗加齢医学会認定医療施設の院長として予防医学に力を入れておられる中島孝哉先生「内科クリニックにおける院内感染対策事例」を紹介させていただきます。

<新型コロナウイルス関連資料>
中島こうやクリニックでお使いの新型コロナウイルス用問診票と対策スライドをご提供して頂きました。
こちらの資料は限定コンテンツよりダウンロードしてお使いいただけます。

①新型コロナウイルス用問診票

②新型コロナウイルス対策スライド

ダウンロードは限定コンテンツから >
※資料のご利用は医療機関に限らせていただいております。

感染症対策に関連する論文・文献

感染症に関する論文集をまとめております。こちらの論文集は限定コンテンツよりダウンロードしてお使いいただけます。

ダウンロードは限定コンテンツから >
※資料のご利用は医療機関に限らせていただいております。

感染症関連論文集のサンプル

下記は限定コンテンツでご紹介している論文の一部です。
栄養素 論文の概要 論文タイトル(原文) 出典
ビタミンD 小児430名 (試験群217名、平均10.0±2.2歳、日本) を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、ビタミンD3を1,200 IU/日、冬季に4ヶ月間摂取させたところ、A型インフルエンザ罹患率の低下と関連が認められたが、B型インフルエンザ、インフルエンザ様症状等の罹患率に影響は認められなかった。 Randomized trial of vitamin D supplementation to prevent seasonal influenza A in schoolchildren. Am J Clin Nutr. 2010 May;91(5):1255-60.
ビタミンD Martineauらは結核患者146名に抗結核治療開始から2、4、6週目に10万IUのビタミンD3を投与する無作為化比較試験を実施。ビタミンD3を投与したところ、血清25(OH)D3濃度は投与前の約5倍の100nmol/Lまで上昇するものの、痰中の菌が陰性化する期間はプラセボ群と差がなかった。しかし、このなかで、VDR遺伝子多型のうちTaq1多型におい
てtt型を持つヒトでは、ビタミンD3投与により治療期間が短縮した。
High-dose Vitamin D(3) During Intensive-Phase Antimicrobial Treatment of Pulmonary Tuberculosis: A Double-Blind Randomised
Controlled Trial
Lancet, 377 (9761),
242-50 2011 Jan 15

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報のまとめ

感染症対策のリンク集

東京慈恵会医科大学 浦島充佳先生
 Dr.浦島充佳 公式サイト (新着情報に新型コロナウイルス関連情報がまとまっています)

山中伸弥教授
 山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信(新型コロナウイルス関連情報がまとまっています)