【サプリメント紹介】「オメガ3系脂肪酸」


最近、食の欧米化によって魚よりも肉を食べることが多くなってきましたうお座ステーキ一切れ
そのため、オメガ3系脂肪酸の摂取が少なくなっていると言われていますダウン

今回は、不足しがちなオメガ3系脂肪酸の補給におお役立ていただきたいサプリメントの『オメガ3系脂肪酸』についてご紹介しますにこにこ

【商品写真】
2016061655

【粒写真】
2016061656

●オメガ3系脂肪酸って何?
そもそもオメガ3系脂肪酸とは何かご存知ですかはてなマーク
オメガ3系脂肪酸はn-3系脂肪酸とも言われ、「油脂」の一部である脂肪酸に分類されますbulb

そして、脂肪酸は大きく以下のように分類されますサゲサゲ↓
飽和脂肪酸
一価不飽和脂肪酸
多価不飽和脂肪酸

一価不飽和脂肪酸には、オリーブオイルに豊富に含まれるオレイン酸がありますが、オレイン酸はオメガ9系脂肪酸の一種で体内で飽和脂肪酸から作ることが可能です。

脂肪酸の中で体内では作ることのできない食事から摂取する必要のある脂肪酸必須脂肪酸)は、多価不飽和脂肪酸に分類されるオメガ3系脂肪酸オメガ6系脂肪酸ですナイフとフォーク

オメガ3系脂肪酸を多く含む食品>
青魚(魚油)魚、シソ油しそ、エゴマ油ごま、亜麻仁油

オメガ6系脂肪酸を多く含む食品
大豆油大豆、サフラワー油、牛肉うし、豚肉ぶーぶー

多価不飽和脂肪酸はとても酸化されやすく劣化しやすいため、取り扱いが大変なので、食品工場などでは飽和脂肪酸が使われがちです工場

●オメガ3系脂肪酸を摂った方が良い理由
近年、オメガ3系脂肪酸は様々な生理作用があると疫学的なデータが報告されていますにこにこ

また、オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸は摂取バランスが大切ですてんびん
オメガ6系脂肪酸の摂取が多すぎると、体に悪影響を与える生理活性物質が作られてしまうと考えらていますが、上記のそれぞれの脂肪酸を多く含む食品をみるとオメガ6系脂肪酸の方が身近で、摂取が多いですねショック!
そのため、積極的なオメガ3系日脂肪酸の摂取が必要だと言われています魚しそごま

●こだわり
「オメガ3系脂肪酸」サプリメントには、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)、α-リノレン酸を配合しています。
これらの由来原料は以下の通りですサゲサゲ↓

EPA、DHA
魚油(主にイワシから採取)
魚油の水銀、ヒ素、放射性物質はチェックされていますビックリマーク

α-リノレン酸
亜麻仁油(ニュージーランドの亜麻の実から採取)
低温圧搾法で、脂肪酸ができるだけ酸化をしないように原料を製造しているものを使用していますビックリマーク

また、EPAやDHAはその効果が高く認められてお薬にもなっていますが、当社は、それに加えてα-リノレン酸もあえて配合しています。
それは、α-リノレン酸は体内でEPAやDHAに変換されるだけでなく、それ自体も良い働きをすることが分かってきたためです合格
EPA、DHA単独だけでなくα-リノレン酸を複合させることに意味があると考えていますきらんっキラキラ

●オメガ3系脂肪酸のユーザーコメント
・触れた感じが良くなったSAYUセレブスタイル2
・冬のカサカサが少なくなった肢
・体からのお便りのスッキリ感が違うウエスト

などなど

私は、ドレッシングなどに使用するなど普段の食事に亜麻仁油を取り入れていますが、「オメガ3系脂肪酸」サプリメントも愛用していますグッド!
それは、サプリメントの場合にはゼラチンの膜でくるまれているため品質の劣化が少なく安心で、料理の種類に関わらず毎日取り入れやすいからです照れる

青魚をあまり食べない人、亜麻仁油やシソ油、エゴマ油などを摂っていない方、体のめぐりや血液中の脂肪が気になる方など是非お試しくださいウインク音譜

  

(さ)

サプリメント紹介 関連記事もご覧ください

\この記事が気に入ったらフォロー/

Facebook

最新情報をお届けいたします