月経困難症


前々回、前回と女性の体についてまとめましたサゲサゲ↓

【前々回:子宮と卵巣について

【前回:月経周期と体の変化

今回は、最近悩んでいる方が増加していると言われる「月経困難症」について簡単にまとめますblush

●月経困難症とは
月経困難症は一般的な月経痛と区別をしており、月経中または月経直前から強い下腹部痛や腰痛が始まり、
月経痛がひどく、起き上がることができない
月経の症状のために学校や会社を休まざるをえない
などの月経期間中に日常生活を送ることが困難になる状態を言います。

よくある月経困難症の症状は、腹痛、腰痛、悪心(気持ちが悪くなる)、骨盤痛、嘔吐、貧血、頭痛、食欲不振などで、PMS(月経前症候群)の場合は月経がはじまると同時に症状が消失しますが、月経困難症は月経がはじまっても続くという特徴がありますショック!

2004年に行われた「働く女性の健康に関する実態調査(女性労働協会)」では、16~50歳未満の女性1,906名のうち28.6%の女性に強い月経痛があると報告されています。

4人に1人が1か月のうちの約1週間も強い痛みに悩まされているなんて驚きですねびっくり

●月経困難症の原因と治療
月経困難症は以下の2種類に分類され、原因はそれぞれ異なります。

①原発性(機能性)月経困難症
月経困難症の多くが原発性で、思春期から発症する可能性があります。
痛みを伴う激しい子宮収縮を促す物質(プロスタグランジンF2αやプロスタグランジンE2)の多量分泌が主な原因ですドクロ

治療は、日常生活の改善薬物が用いられます。
痛みの緩和にアスピリンやイブプロフェンを、ホルモンバランスを整えるために低用量ピルなどが使用されますが、低用量ピルの服用では副作用としてまれに血栓症が現れることもあるそうですscream

②続発性(器質性)月経困難症
月経困難症の中では少数で、成人から発症すると言われています。
子宮内膜症や子宮筋腫などのような身体的な異常が原因であると考えられています。
治療は、原因となっている病気(子宮内膜症、子宮筋腫など)の治療を行うことが第一で、補助的に薬剤を用います薬

●月経困難症に良い栄養素
月経困難症の多くを占める原発性月経困難症については栄養素との関連について調べられてきていますbowtie
そのため、原発性月経困難症に良い栄養素(食生活)について、以下にご紹介しますサゲサゲ↓

★食生活
朝食
朝食を毎朝食べる学生の方が、そうでない学生に比べて月経困難症の重篤度が低いことが分かっています。

アレルギー
食物アレルギーの場合、炎症や筋肉の収縮に関わるヒスタミンの分泌が多くなり、痛みが強くなることがあります。

人工(合成)甘味料
人工甘味料であるアスパルテームの除去を数か月続け、月経困難症の症状が緩和された例があります。

★栄養素
オメガ3系脂肪酸
オメガ3系脂肪酸は炎症や月経困難症の原因にもなるプロスタグランジンの生成を抑える働きがあります。
実際に、2か月間魚油を1日2.5g摂取する試験を行った結果、症状の改善がみられています。

ビタミンE
オメガ3系脂肪酸と同様、ビタミンEにもプロスタグランジンの生成を抑える作用があります。
ビタミンEを1日150~500IU摂取することで、2か月目から症状の改善がみられたそうです。

マグネシウム
1日365㎎のマグネシウムを1回の月経サイクルのうち10日間を5周期摂取したところ、月経の回数を負うたびに痛みの緩和がみられたそうです。

ビタミンB1
インドの試験ですが、1日100㎎のビタミンB1を3か月間摂取した女性のうち95%で症状の改善が現れたそうです。

また、食事以外に日常生活で気を付けることは
・無理をしない
・規則正しい生活
・十分な睡眠と休養
・体を冷やさない
・リラックスできる時間を作る

なども大切ですグッド!キラキラ

月経時の体調不良の症状がひどい場合には、 単なる月経痛と自分で決めつけないで、医療機関を受診するのがお勧めです病院

女性の皆さんが毎日快適な生活を送れますように 祈りラブラブ

 

(さ)

 

<参考>
・メルクマニュアル18版
・日本産婦人科学会雑誌 59巻 N454-460
・厚生労働省:医薬医療機器等安全情報No.310
・Gaby:Nutritional Medicine
・Horphag資料
・薬の窓口 No.205 岡山大学病院薬剤部 薬品情報室発行(平成 23 年 3 月 1 日)