【論文紹介】妊娠中の鉄摂取と自閉症


少し前の記事ですが、「自閉症児の母親は、妊娠中に鉄サプリメントを摂取していた可能性が低い」といった内容の報告を発見しましたサゲサゲ↓
http://www.ucdmc.ucdavis.edu/publish/news/newsroom/9189

原文を入手できなかったため試験の詳細は不明ですが、論文要旨をみるとこんな内容です。サゲサゲ↓

【目的】
2003-2009年の間、“北カリフォルニア小児自閉症リスク遺伝学・環境研究(CHARGE)”に登録した母子を対象に、母親の鉄摂取量と自閉症スペクトラム障害(ASD)を持つ子どもとの関係を検討

【参加者】
自閉症の子どもを持つ母親520名と、普通に成長している子どもの母親346名。

【方法】
妊娠前3か月から授乳期までの期間、インタビュー形式で参加者のサプリメントやシリアルの摂取頻度・摂取量・ブランド(メーカー)などからの母親の鉄分摂取量を調べた。

【結果】
妊娠前3か月から授乳期までの期間中(特に授乳中)、鉄摂取量の多かった母親から生まれた子どもの自閉症リスクが下がった
また、母親が高齢であることや代謝状態肥満糖尿病などの代謝疾患)である場合、母親の鉄摂取量が低いと、子どもが自閉症となるリスクが5倍増加した。

<論文要旨>
http://aje.oxfordjournals.org/content/early/2014/09/22/aje.kwu208.abstract

これは日本人での試験ではありませんので、この結果をそのまま日本人に当てはめることはできませんが、子ども(胎児)の体や脳(神経)などの成長には鉄は不可欠です(もちろん、大人の健康維持にも)ビックリマーク

閉経前の日本人女性の約70%は貧血であると言われていますが、特に妊娠前~授乳中の女性は不足なく補った方が良く、厚生労働省が示している日本人の食事摂取基準2010年版では、

妊娠初期の方と授乳婦さん …8.5~9㎎/日
妊娠中期・末期の方 …21~21.5㎎/日
の摂取が推奨されています。

食品中に含まれる鉄には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」があり、前者は赤みの肉ステーキ一切れまぐろレバー肝臓、などの動物性食品に多く含まれており、後者はひじきひじき緑黄色野菜野菜などの植物性食品に多く含まれています。

ヘム鉄と非ヘム鉄ではヘム鉄の方が5~10倍も吸収されやすい良いとされていますが、一般的に鉄が多く含まれると言われている食材から鉄を10㎎摂取する場合、その食材量の目安は以下の通りですサゲサゲ↓

豚レバー肝臓 …約80g(1人前くらい)
カツオまぐろ …約530g(刺身31切れくらい)
ほうれん草(ゆで)ほうれん草 …約1.1㎏(小鉢26皿分くらい)
ほしひじきひじき …約18g(小鉢2皿分くらい)

もし、食事で十分な鉄の摂取が難しい場合には、体への刺激が少なく吸収されやすいヘム鉄を含むサプリメントの摂取もお勧めですよbulb

鉄の過剰摂取は体に負担を掛けてしまいます注意
鉄を大量に補給する場合には、体内の貯蔵鉄を示す血清鉄やフェリチン値を測定した上で、できれば医師の管理下で補給する方が安心ですにこにこ

  

(さ)

  

<参考>
・厚生労働省のホームページ
・日本食品標準成分表2010

研究・論文紹介 関連記事もご覧ください

\この記事が気に入ったらフォロー/

Facebook

最新情報をお届けいたします