栄養価の高い秋野菜(果物)~イチジク~


夏の終わりから秋の初めにかけて出回るイチジクイチジク
今の時期はイチジクを使った限定スイーツも見かけますね音譜

今回は今が旬の「イチジク」について簡単にご紹介しますbowtie

 


●特徴
イチジクは春から初秋にかけて実の中に白い花をつけて肥大するため外側からは花を見ることができませんeyes
中のつぶつぶの部分がイチジクの花ですびっくりびっくり
そのため漢字で「無花果」という字が当てられていますbulb

生果にはビタミンEカリウムカルシウムなどが比較的多めに含まれ、水溶性食物繊維が豊富です。
さらにドライイチジクでは、100gあたり水溶性食物繊維が3.3g総食物繊維としては10.9gも補給可能ですグッド!
※糖分が多いので食べ過ぎは要注意

また、酸味成分はクエン酸で、クエン酸には疲労回復効果カルシウムやマグネシウムなどのミネラルの吸収を助ける効果があります。

さらにフィシンと呼ばれるタンパク質分解酵素も含まれるため、タンパク質が豊富な食材(肉や魚、大豆製品など)の消化を助けてくれますpoint_up

●調理と組み合わせ
加熱するとタンパク質分解酵素の働きが失われてしまうため、タンパク質が豊富な食材と組み合わせる場合には加熱しないでソースにしたり、サラダ仕立てにして合わせるのがお勧めです。
食後のデザートにするのも良いでしょう。フルーツタルト

熟成が進んでいない実はワインで煮てコンポートにしたり、水溶性食物繊維であるペクチンが豊富なのでジャムにするのもお勧めですラブラブ

●選び方
ふっくらとして形が良く、皮に傷のないものがお勧めです。
お尻が割れているものは熟しすぎていることもあるため避けた方が良いでしょう注意
また、皮の赤みが濃く、良い香りが立っていると完熟している証拠ですbulb

●保存方法
完熟したイチジクはとても柔らかく痛みやすいため日持ちがしませんあせる
ポリ袋などに入れて冷蔵庫の野菜室に入れて早めに食べきりましょうビックリマーク
すぐに食べきれない場合には、ジャムコンポートシロップ漬けにする方法もありますにこにこ

私がイチジクを食べる場合は、生の状態やドライイチジクでそのまま食べたり、スイーツにすることが多いですblush
しかし、インターネットで調べてみるとみなさん色々な料理に使っていて驚きました驚き

サラダ肉料理のソースはもちろんのこと、生ハムやサーモンで巻いたりキノコと一緒にマリネにしたり、アボカドやチーズと合わせてサンドイッチにしたり、白和えにしたり…etc

個人的には、今度スーパーで美味しそうなイチジクを発見したら白和えに挑戦したい!!と思いましたキラキラ

みなさんもイチジクをそのまま食べるだけでなく、たまには色々な方法で食してみてはいかがでしょうかはてなマーク

 

(さ)

 

<参考>
・春夏秋冬おいしいクスリ 旬の野菜の栄養辞典 (吉田企世子:監修)
・からだにおいしい野菜の便利帳(板木利隆:監修)
・日本食品標準成分表2010
・cookpad(http://cookpad.com/)

食物と栄養素 関連記事もご覧ください

\この記事が気に入ったらフォロー/

Facebook

最新情報をお届けいたします