サプリメントの保存方法


暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

こういった暑い日にはサプリメントをどうやって保存したらよいか悩んでしまう人もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、『サプリメントの保存方法』についてご紹介します💡

 

●サプリメントの保存方法

乳酸菌などの一部のサプリメントでは、冷蔵庫や冷凍庫での保存を勧める会社もあるようですが、当社でお勧めしているサプリメントを保存する上で「好ましい条件」と「避けたい条件」は以下の通りです。

<好ましい条件>
・室温(15~30℃
・湿度(40~60%

<避けたい条件>
直射日光
急激な温度変化

高温多湿車内、カバンの中、台所などの水回り  など)
低温低湿冷蔵庫、冷凍庫 など)

 

この時期は、冷蔵庫でサプリメントを保存したほうが良いのではないか?

 

と思っている方も多いと思いますが、サプリメントを冷蔵庫で保存すると、温度差によって中味が湿気を帯び、色が変わったりニオイがきつくなったりします😣

またソフトカプセルの場合には、冷えることでカプセルが硬くなって割れやすくなり、中味が出てしまう可能性があります💦

そのため、暑くなり過ぎない15~30℃の室温での保存をお勧めしています❗

 

●お取扱い上の注意点
サプリメントを湿気から守り、品質劣化を防ぐために、以下のような点にもご注意ください。

・開封後は、ボトルの蓋や袋のチャックをしっかり閉める
濡れた手で触ったサプリメントは、ボトルや袋に戻さない

 

●夏季期間はクール便でお届けしています

夏季期間は、高温により配送途中でサプリメントの品質が低下する恐れがあるため、商品の品質を保ち一番良い条件でお客様へお届けするためにクール便を利用しています。

なお、商品が御手元に届いたら、他のサプリメントと同様に冷蔵庫に入れずに涼しい場所で保管してください。

クール便で冷えた状態で届いたサプリメントは、常温に戻すと急激な温度変化によって容器が湿気て雫がついたり、場合によっては結露する可能性がありますが、品質には問題ありません。

また、冷却によりボトルが収縮するため、ラベルが一時的に浮いてシワのように見えることがあります。
こちらについても、常温に戻すことで改善されますので、そのまま保存してください。

 

 

~まとめ~
サプリメントは、直射日光の当たらない室温(15~30℃、湿度40~60%)ボトルの蓋や袋のチャックをしっかり閉めて保存し、乾いた手にサプリメントを出す出したサプリメントはボトルや袋に戻さないように注意してお取り扱いください。

また、開封後はお早めにお召し上がりください😃

 

 

(管理栄養士 さ)

サプリメントの基本 関連記事もご覧ください

\この記事が気に入ったらフォロー/

Facebook

最新情報をお届けいたします