持続血糖測定を試してみました!~後編~

前回のブログでは、持続血糖測定に関する情報と、(た)の実測データ、さらに食事や運動に関するポイントについていくつかご紹介いたしました。
(詳しくは、前回のブログもご覧ください。→ https://www.healthy-pass.co.jp/blog/20170518-2/

今回は、血糖値に影響を与える生活習慣や要因についてご紹介させていただきます。

続きを読む

持続血糖測定を試してみました!~前編~

今回は、持続血糖測定に関する情報をご紹介したいと思います。

というのは実は先日、当社社長の(た)が「FreeStyleリブレ」を装着し、持続血糖測定を行ったからです!

この機会に、持続血糖測定に関する情報と(た)の実測記録についてご紹介したいと思います。

続きを読む

新茶の時期になりました!

静岡はお茶の消費量、生産量ともに日本一で、この時期になるとあちこちで新茶が売られるようになります。
『お茶所』と言われる静岡には『茶町』という町もあり、付近を散歩するとお茶を蒸す良い香りを感じることもできます relaxed

ちなみに今年のお茶の初取引では、1キロ108万円という高額なお茶が取引され、ニュースになりました flushed

毎年、「お茶」に関する情報をお伝えしていますが、
→お茶を飲むと身体機能障害リスクが低下 (http://ameblo.jp/healthy-pass/entry-11157067349.html
→緑茶について (http://ameblo.jp/healthy-pass/entry-11735294271.html
→【論文紹介】1日5杯の緑茶で認知症予防 (https://www.healthy-pass.co.jp/blog/20161025/

今年もまた「お茶」に関する情報を、ご紹介したいと思います grinning

続きを読む

3人に1人が肝機能異常!?

日本人間ドック協会がまとめた、「2015年全国集計結果」によると、人間ドック総受診者は316万人で、そのうち「肝機能異常」*は33.2%で「高コレステロール」(33.4%)に続く多さであり、受診者の約3人に1人が肝機能異常を指摘されていることがわかりました。

*“肝機能異常”に関する判定は各施設による判断をもとに集計
(日本人間ドック学会からのコメント)

そこで今回は「肝機能異常」に着目し、その問題や改善方法についてご紹介したいと思います。

続きを読む

要注意!花粉・食物アレルギー(PFS)

そろそろスギ花粉の飛散も落ち着き始めたな…と思い始めたころに、飛び始めるのがヒノキやシラカバの花粉です persevere
イネ科やブタクサの花粉症がある方もいるので、年中花粉症にお悩みの方もいらっしゃると思います sweat_drops

今回は、そんな花粉症が原因となる食物アレルギー(PFS)についてご紹介いたします point_up

続きを読む

ダイエットはなぜ挫折しやすいのか?

春になり、暖かくなるにつれて、着る服も徐々に薄く、軽くなるこの時期。
「夏までに痩せなきゃ!」という話題も耳にするようになってきました sweat_smile

そこで今回は、「ダイエットはなぜ挫折しやすいのか?」をテーマに、ダイエットを始める時のポイントをご紹介いたします bulb

 

続きを読む

【論文紹介】インスリン抵抗性による認知機能低下?

全国の65歳以上の高齢者において、認知症有病者数は約462万人と推計されています(2012年時点)。
これは65歳以上の高齢者の7人に1人(15.0%)ですが、2025年には約700万人に増え、5人に1人(20%)になると見込まれています。

一方、インスリン抵抗性はインスリン非依存型糖尿病(2型糖尿病)の発症要因のみならず、メタボリックシンドロームのリスク因子の一つであり様々な疾患に影響していると考えられています persevere

今回は、日本でも増加している疾患として注目されている「認知症」が「インスリン抵抗性」と関連しているかもしれない、という調査を行った論文をご紹介します。

続きを読む