今日はビタミンの日!!

皆さん今日(12月13日)はビタミンの日だと知っていましたかquestion

ビタミンの日は「ビタミンB1(オリザニン)」の発見者として知られる鈴木梅太郎氏を顕彰し、ビタミンの知識の普及に寄与する情報発信活動を行っていくことを目指し、当時の学会(東京化学会例会、1910年 12月13日)で発表された日にちなんで制定されました。

そこで今日はビタミンの日にちなんでビタミンB1についてまとめたいと思いますsmiley

続きを読む

【論文紹介】子供の読解力を上げる食事

多くの親は、「子供の頭を良くしたい」と願っているのではないでしょうかquestion
そのために早期から塾や習い事に通わせている方も多いかもしれないですね。
しかし、お子様の食事に気を使っている方はどれくらいいらっしゃるでしょうquestion

今回は、「子供の読解力を上げる食事」について調べている論文をご紹介しますbulb

続きを読む

先日いただいたお問合せの紹介

当社では、ありがたいことに日々お医者様や患者様から商品や栄養素に関する様々なお問合せをいただいておりますsmiley

しかし、直接聞きたいことがあっても「質問したいけど問い合わせをしている時間がない」、「初歩的な質問で聞き難い」などの理由で、当社にご連絡いただいていない方も多いと思いますpensive

そこで、お問合せと回答をシェアしたら、皆様の疑問解決に役立つのではないかと考え、過去のブログでは、お客様からいただいたお問合せと、それに対する回答例についての記事を取り上げていますarrow_double_down
こんなお問い合せがありました
商品に関するこんなお問い合わせがありました
最近こんなご質問をいただきました

今回も、最近(11月後半から12月初めに)お問合せいただいたご質問と回答例をご紹介しますので、是非、参考にしてみてくださいbulb

 

続きを読む

【論文紹介】高タンパク質食は肝臓脂肪を減らす

糖質制限と高タンパク質食摂取が流行っていますねニコ

厳しい糖質制限をしてタンパク質を過剰摂取してしまうことにおいては賛否両論ですが、高タンパク質食を摂ることで肝臓の脂肪を減らすことができるかもしれないようです驚き顔

今回は、「高タンパク質食摂取と肝臓の脂肪」について調べている論文をご紹介します電気

続きを読む

【論文紹介】血中ビタミンD濃度が高いと乳がん生存率が高い

骨や筋肉の健康風邪インフルエンザ花粉症がん、肥満の対策など、近年、ビタミンDの有効性に注目が集まっていますねeyes

私を含め、当社のスタッフやお客様の中にもマルチビタミン&ミネラルに追加してビタミンDを補っていらっしゃる方もいらっしゃいますsmile

今回は、「血中のビタミンD濃度と乳がんの生存率との関係」について調べている論文をご紹介しますbulb

続きを読む

お勧めの秋野菜「ヤーコン」

みなさん「ヤーコン」という野菜をご存知ですかquestion

先日、ヘルシーパス社内でヤーコンについて話が盛り上がったのですが、意外とヤーコンを知らない人が多く驚きましたびっくり

もしかすると、当ブログを読んでいる方の中にもヤーコンについて知らない人がいるかもしれませんねsmile

そこで今回は、秋が旬で今がおいしい「ヤーコン」について簡単にまとめたいと思いますbulb

続きを読む

栄養価の高い秋野菜~チンゲン菜~

立冬が過ぎ、本州は季節が秋から冬へ移り変わろうとしています雪だるま

これからの時期はとろみのついた中華料理や鍋料理など、体が温まる料理が恋しくなりますね土鍋

今回は、寒くなり始めた晩秋に旬を迎えて美味しくなる「チンゲン菜チンゲン菜」について簡単にまとめますbulb

続きを読む

【論文紹介】1日1個の卵で脳卒中予防

卵はコレステロールが多いから健康のために食べないようにしているという方がいらっしゃいますegg.

しかし、最近では食事由来のコレステロールは気にする必要がないと言われ、厚生労働省がまとめている日本人の食事摂取基準(2015年版)からは、コレステロールの上限量が設定されなくなりましたびっくり

今回は、「卵の摂取と脳卒中や冠状動脈性心疾患との関係」について調べている論文を紹介します電気

続きを読む

【論文紹介】筋肉を作るのに最良なタンパク質

筋肉をつけるために筋力トレーニングをしてプロテイン(タンパク質)を摂っている方が多いですねシェイカー

しかし、プロテインと言ってもその内容(アミノ酸組成)は種類によって異なり、筋肉への影響も異なるようですビックリ

今回は、「筋力トレーニングをする時にお勧めなタンパク質の種類」についてまとめている論文をご紹介します電気

続きを読む

【論文紹介】肥満の母から産まれた子は高血圧になりやすい

前々回のブログでは、妊婦さんの大豆製品摂取によって自身のうつ病リスク低下と関連するという内容の論文を紹介しました⇒【論文紹介】妊娠中のうつは大豆製品で予防

しかし、やはり妊娠前から妊娠中の母親の食生活による胎児への影響は気になるもので、最近では、妊娠中の母親の食事や体内の代謝状態によっては胎内の子供に影響をきたし、子供の将来の健康に悪影響を及ぼす可能性があることが示唆されていますsweat_drops

今回は、『肥満の母親から産まれた子供の高血圧リスク』について調べている論文をご紹介しますbulb

続きを読む