ロジック&しくみ編

良いサプリメント選びのポイント【ロジック&しくみ編 第7回】

サプリメントを役立てるには、良い商品選びが不可欠

栄養素の摂取不足で体調不良に陥っている患者さんの多くは、マルチビタミン&ミネラルを使うことで状況が改善すると思います。

とはいえ、それだけでは良くならない方もおいでになるでしょう。

その場合は、マルチビタミン&ミネラルの補給だけでは改善しなかった原因を探り、別の対処をしていくわけですが、見落としがちな視点として「使ったサプリメントの性能や品質はちゃんとしてたのか?」というものがあります。
当たり前のことですが、十分な量の栄養素が含まれ、きちんとした品質のサプリメントでなければ、目的を達成することは難しくなります。

是非、先生方がお使いになるサプリメントは厳しい目で選んでください。同時に、サプリメントをどのような視点で選ぶのか?を患者さんに教えて差し上げてください。

患者さんがサプリメントの良し悪しを判断できるようになれば「質の悪いサプリメントを選ぶことが回避され、治療の効果が上がる」「役立つ情報を教えてくれた先生に対する信頼向上」という一石二鳥の成果につながります。

サプリメント市場の現実

市場で販売されているサプリメントの評価については、東京都が毎年行っている「健康食品試買調査」が参考になります。この調査は毎年3月末に最新情報が報告されますが、毎年のように「試買した健康食品の多くに不適正な表示・広告が見られた」という結果になっています。

また、2019年8月の国民生活センターからの報道資料によると、サプリメントを試しに購入して実験したところ、42%のサプリメントが規定通りに胃の中で崩壊しないことが明らかになったということです。

この様な状況の中、良いサプリメントを一般の方が選び取るのは極めて難しいと言わざるを得ません。

患者さんが粗悪なサプリメントを手にしないよう、先生方に導いてあげて欲しいと思います。

サプリメントの良し悪しを知るためのポイントとは

サプリメントの性能や品質を知るために必要なことは、まず「パッケージの記載事項をしっかり読み込む」ことです。

サプリメントのパッケージからは、以下の情報を読み取ることが出来ます。

↓ ↓ ↓
\続きはヘルシーパスの医療機関限定コンテンツ(無料)で/

無料会員登録ですべての記事をご覧いただけます >

医療機関限定コンテンツをご覧になるには「閲覧ID」の申請をお願いします。

ヘルシーパスの医療機関限定コンテンツとは? >


※「閲覧ID・パスワード」の発行にはお時間をいただいております。
※医療機関在籍確認のため、お電話をさせていただく場合がございます。

この記事の著者

田村忠司

株式会社ヘルシーパス 代表取締役社長

東京大学工学部産業機械工学科卒業。
株式会社リクルートを経て、98年「日本老化制御研究所」を擁する日研フード株式会社に入社。
取締役経営企画室長、サプリメント製造子会社の代表取締役社長として活躍。

2006年「医療従事者が自信を持って使えるサプリメントを提供してほしい」との、医師、薬剤師からの要請に応えて、株式会社ヘルシーパスを設立。
栄養療法に取り組む医師・歯科医師へのサポート・情報提供のため、日本全国を飛び回り、楽しく仕事に取り組んでいる。

-ロジック&しくみ編
-

Copyright © HEALTHY PASS , All Rights Reserved.