ヘルシーパスは創業15周年を迎えました!

ヘルシーパス創立15周年記念

ドクターの皆さま、スタッフの皆さま、ご愛用してくださっている患者さん、会社の運営に必要な資材やサービスを提供してくださった方々など、多くの皆さまに支えられ、ヘルシーパスは2021年10月13日に創業15周年を迎えることができました。

私達はこれまで「保険診療の薬ではなかなか改善が見られない患者さんの中で、運動や食事改善が有効な方が、健康を取り戻すまでのツール」として、ドクターに自信を持ってお使いいただけるよう「医療機関専用サプリメント」をお届けして参りました。

この15年間の活動を通じて「栄養状態にも注目して患者さんの健康を取り戻そう」「当面の症状を抑えるだけでなく根治を目指そう」「患者さんに生涯を通じて健康に過ごしてもらおう」と考える先生方と出会えたことが一番の成果です。

今後も、1人でも多くのドクターに、患者さんから喜ばれ、達成感を得ていただけるよう活動して参ります。

株式会社ヘルシーパス代表取締役社長 田村忠司

株式会社ヘルシーパス
代表取締役社長 田村忠司

ヘルシーパスが見据える5年後の未来像

お医者さんがあたりまえに栄養を使い、患者さんを助けている未来

今は、治療に栄養を取り入れるドクターは、全体から見ればまだまだ少数派。

では5年後は・・・
お医者さんが治療にあたりまえに栄養を使って患者さんを助けている。
私達は、そんな未来像を想い描いています。

そして、ヘルシーパスは「欠かせないツール」として貢献している。そんなイメージを持って進んでいきます。

20周年に向けて

この15年、特にこの数年で、栄養やサプリメントに興味を持つドクターは確実に増えています。

一方で、実際に患者さんに栄養指導をし、サプリメントをお勧めするまでには少しハードルがあるように感じています。

そこで、患者さんの健康のため、自信を持ってサプリメントをおすすめできるよう「サプリメント活用 実践マニュアル」、栄養療法・サプリメント活用について先生同志で交流し情報交換できるコミュニティの作成をすすめています。

    「サプリメント活用 実践マニュアル」とは?

    「栄養状態に注目すること」が患者さんの健康を取り戻すための「大事なピース」であることに気付いた先生方が、自信を持ってサプリメントを日々の診療に活用できることを願いマニュアルを作成しました。

    医療や栄養・サプリメントの知識だけでなく、スタッフの採用やコーチング、クリニックの理念、さらにはクリニック経営など、自由診療を取り入れるクリニックの多岐にわたる課題解決の一助となるべく様々なコンテンツを用意しております。

    全国3,000以上のクリニックへの医療機関専用サプリメント導入のお手伝いをする中で、クリニックでの成功事例・失敗事例を通して学んだ、サプリメントの上手な活用方法をシェアして参ります。

    サプリメント活用 実践マニュアルはこちら >

創業からの変わらぬ想い

患者さんに喜びを ドクターに達成感を

私達は「患者さんに喜びを ドクターに達成感を」という言葉をポリシーとし、大切にしています。

この言葉を明確化したのは、創業から8年ほど経ってからですが、想いは創業時から変わらず持ち続けています。

標準医療で治る患者さんがいる一方で、医薬品では救えない患者さんが残ってしまい、いつまで経っても「先生、ずっと良くならないんです」という人が残り続ける。これが先生たちの日常になってしまう。

人を助けてあげたいからその職業を選んだ先生方が、無力感を感じてしまうことは、あまり幸せじゃないと思っていました。

患者さんを治してあげたいと思っているドクターのお役に立ちたい。「色んなところに行ったけど、先生のおかげで私は元気になれました」という嬉しいエピソードを聞きたい。そんな想いが「患者さんに喜びを ドクターに達成感を」という言葉には込められています。

毎朝復唱する10項目「私達が目指すもの」

私達は、毎朝この10項目をスタッフ全員で唱和し、先生方のお役に立てることは何かと考えながらそれぞれの業務にあたっています。

    私達が目指すもの

  1. 患者さんに喜びを、ドクターに達成感を提供しよう
  2. 企業とは、業を企てるもの。良いことを企て、実行しよう
  3. 私達はこの世を「健康ユートピア」にすることを企てよう
  4. GIVERの視点を持って人の願いを知り、実現を手伝おう。そしてそれをシステム化しよう
  5. 会社の成功とメンバー全員の「成長」と「幸せ」を両立しよう
  6. 超一流のビジネスをするために、超一流の人間になろう
  7. 相手の期待を上回ることを心がけ、人間力を向上しよう
  8. 選択と集中を実践し、誰にもアウトソーシングできない「志」と「熱意」に磨きをかけよう
  9. 失敗は存在しない。変化を楽しみ、「勇気」と「愛」と「好奇心」と「感謝」を持ってチャレンジしよう
  10. 人生を終えるとき「ああ面白かった」と言えるようにしよう

お届けするのはサプリメント??

私達が先生方にお届けしているのは商品としてのサプリメントだけではなく、先生方のお役に立つ「ソリューション」だと思っています。

「これはドクターの役に立つ!」というものが見つかればどんどん試し、信頼できるもの、診療のお役に立つ情報を先生方にお届けいたします。

15年の歩み

サプリメント誕生に向けて

当社代表の田村がサプリメントに関わるようになったのは、2001年の夏のこと。ヘルシーパスを創業する5年前にさかのぼります。

当時、某食品会社の新規事業部門責任者をしていた田村は、新事業の一つとして老化制御技術の研究に関わっていました。

研究者向けに測定の抗体の提供、検体の測定結果をレポートする中で、測定結果が思わしくない方に対する解決策の提供として、サプリメントの開発プロジェクトがスタートしました。

サプリメント誕生から廃業

2種類のサプリメント製造に成功し、2002年サプリメントを製造・販売する子会社を立ち上げ、2004年から田村が社長を務めました。

ところが、企業グループのオーナーが急に亡くなり、サプリメント会社は2006年9月に清算されることになりました。

ドクターからの支援でヘルシーパス設立へ

田村は当時のお客様を訪問し、会社の清算によってサプリメント供給が出来なくなることをお詫びして回っていました。サプリメントを診療に取り入れていらっしゃったお医者様から「あのサプリメントが無くなってしまうのは本当に惜しい!なんとか供給を続けてもらう方法は無いものか?そうだ、有志を募って資本金を集めるから、それで会社を立ち上げてくれないか?」とご提案をいただきました。

これが株式会社ヘルシーパスの設立につながっていくのでした。

会社設立までのストーリーはこちら

スタートは自宅の6畳間

15年前の2006年10月13日。
田村の自宅の6畳間で、田村と開発責任者の井村ではじめたヘルシーパス。
当時は、ペットの猫が田村の椅子の上で寝ていることもよくあって、「社長室長」なんて呼ばれたりしていました。

ご注文いただいた商品を箱に詰めたり、運送会社の伝票をボールペンで書いたりと、田村と井村とその家族で切り盛りしていました。
最初は注文が無い日もめずらしくなく、運送会社さんが集荷に来ても「すいません。今日も送るものが無いです。」という日もありました。

事務所兼自宅のあった袋井市から、現在のオフィスの静岡市に移ってきたは翌年1月。
最初は今のオフィスの10分の1の面積でした。

商品も「マルチビタミン&ミネラル」と「スーパーアンチオキシダント(現在は配合・名称が変わり、アンチ-OXYに)」の2商品。

初めて単月の収支が黒字になったとき、飛び上がるように嬉しかったこともよく覚えています。

最初に注目されたのは並行群間比較試験の母集団の設定ミス

最初にヘルシーパスに注目が集まったのは2年目の日本抗加齢医学会の総会。

サプリメントの効果を、ヒト試験のデータできっちりと取ってみようと、プラセボを使い20人ずつ4群で80人の並行群間比較試験と、当時としてはなかなか思い切ったことを行いました。

「試験にご参加された方にビタミンミネラルを高配合したサプリメントを差し上げます」といって募集をしたところ、健康オタクの方々が集まり、「もともと健康な方たちのため、改善の伸びしろも少なく、残念ながら有意差までは分かりませんでした」という、研究としては非常に恥ずかしい結果となりました。

それでも、せっかく試験したので、抗加齢医学会の総会でポスターセッションで発表することにしました。
たまたまそれをご覧になった先生から「抗加齢医学の実際」でプレゼンするようにご依頼をいただきました。

恥を忍んで「最初の母集団の設計ミスなので」と言いながらプレゼンをすると、「そういう恥ずかしい結果をちゃんとプレゼンする会社は信頼できるね」という逆説的な評価で、聞いてくださっていた先生方がたくさん名刺交換に来られました。
「あなたの作ったサプリメントならば使ってみたい」と。

ちゃんと真面目にやっていたら、そのことが感性に響く先生方に巡り合うことができた。という嬉しい出来事でした。

商品化の始まりは先生からの要望

ヘルシーパスの商品は、先生からのご要望がきっかけとなって生まれています。

例えば、ビタミンCのサプリメント。
とある先生からの、糖類や澱粉などの添加物を含まないビタミンCを作って欲しいというご依頼からでした。それも安価で。

当時、ビタミンCは国産の医薬品にあるからサプリメントの出番はない。と私達は考えていました。
よくよく先生と話してみると、実は医薬品では困ったことがあるとのこと…。そんな理由をお聞きして、開発がスタートしました。

不要な添加物をできるだけ減らし、かつ安価に提供するため、サプリメントの形状、カプセルの素材、ビタミンCの素材の選定、配合の工夫など試行錯誤を重ね、商品化しました。

薬機法の関係でもっと詳しく書けないことがとても残念ですが、ビタミンCサプリメントに限らず、それぞれのサプリメントの誕生の裏にはそれぞれふか~いドラマがあります。

自分が安心して飲めて子供にも自信をもって飲ませられるモノを

創業時から変わらずに守っていることに、「自分が安心して飲めて、自分の子供にも自信をもって飲ませられるものじゃなかったら、商品として作らない」という信念があります。

「ヘルシーパスの商品を使ったら本当により良い未来に行けるんですよ!と、確信を持てるもの以外は売らない」という世界観を守り続けてきました。

ヘルシーパスがお届けしているもの

医療機関専用サプリメント

先生方のご要望から生まれたサプリメントを、クリニックにお届けしております。

ヘルシーパス商品一覧はこちら >

先生・クリニックのサポート

クリニックへの栄養療法の導入方法や、成功している医療機関の事例のご紹介、診療科を問わず同じ志を持つ先生方をお繋ぎするハブ役、楽しく役立つ勉強会や患者さん向けの講演会の開催など、様々な活動を通し、栄養療法を臨床の場で実践する先生方のご興味や、これから栄養療法をはじめる先生方のお悩み解消のお手伝いをしております。

サポート内容はこちら >

セミナーの開催

プロフェッショナルの先生方をお招きして栄養療法実践のためのセミナーを各地で開催してきました。

現在はオンラインを中心にセミナーを開催し、2020年12月のオンライン・セミナー開催より、延べ3,121名の方にリアルタイムでご視聴していただいております。

今後も先生方の診療・クリニック経営に役立つ情報をお届けしてまいります。

セミナーについてはこちら >

各種お役立ち資料

月2回程度メールやFAXでお届けしている栄養情報ニュースレター。
日頃お忙しい先生に、サプリメント・栄養素に関するすぐに役立つ情報をコンパクトにまとめてお送りし、2007年の配信開始より、5,000名を超える先生方に愛読されています。

栄養情報ニュースレター >

待合室で患者さんの手にとってもらえるような資料も各種ご用意しております。

各種資料 >

有機農作物

私達は、サプリメントは時間をかけずに不足している栄養素を補給するための、効率的なツールと考えています。

サプリメントで栄養の重要性を理解され、サプリメントを卒業された方に選んでほしい、優れた食材として有機農作物をご紹介しております。

有機農産物の宅配サービス「ふるさと21ドクターズ」 >

限定サイト・SNSで最新情報をお届け

医療期間限定コンテンツでは過去のセミナーの動画や、サプリメントを取り入れている先生のインタビュー動画、サプリメント活用のためのマニュアルやニュースレターなど、無料でご覧いただけます。

医療機関向け限定コンテンツはこちら >

Instagram・Facebookでも最新の情報を発信しています。

TOP

シェア