大学を休学してニート同然だった私がインターンを始めてみた!【前編】 #1インターンブログ

初めまして!

6月から学生インターンとして働いているコミュニケーション・プロデュース部の伊東七彩(いとうななせ)です。
これからインターンを通して学んだことや体験したことなどをブログにアップしていきます。

今回は第一回目ということで自己紹介をさせていただきます。

目次

前編

  1. 自己紹介
  2. なぜ休学してインターンを始めたのか
    ▷部活をとるか就活をとるか
    ▷淡々と過ぎるニートの日々…

後編はこちら >

  1. なぜ休学してインターンを始めたのか
    ▷マーケティングとヘルシーパスとの出会い
  2. スポーツに興味のある私がサプリメント会社で目指すもの
  3. インターンへの意気込み

1.自己紹介

改めまして、都留文科大学4年の伊東七彩と申します。なかなか読みづらい名前ですよね…。
(親世代には相川七瀬!と言われ、同世代には西野七瀬!と言われどちらの代表曲も歌えるようになりました)

大学に進学し、新しいことにチャレンジしたい!ということでスピードスケートを始め、山に囲まれた小さな町in山梨で充実した日々を送っていました。

現在は1年間休学し、地元の静岡県に戻り、ヘルシーパスで学生インターンとして勤務しています。

好きな食べ物は生クリームで、直絞りで食べている時が最高に幸せです…!

(生クリーム増し増しで幸せな誕生日でした♪)

2.なぜ休学してインターンを始めたのか

▷部活をとるか就活をとるか

とても単純な理由で、私は「時間」が欲しかったのです。

部活に打ち込んでいるうちにあれよあれよと3年生になり、あれ?私このままでいいのかな?何も将来について考えていないぞ…と焦りを覚えました。
(就職先はベンチャー企業で~オフィスがおしゃれで~お給料が良くて~というフワフワな理想はありました☆)

夏休みに短期インターンシップや企業説明会には何度か参加しましたが、自分がやりたいこと、どうなりたいのかビジョンが無いのにどう考えるんだろうと悶々としていました。

そして始まるスピードスケート(部活)のシーズン。冬場にギュッと練習と大会が詰まっているので将来について深く考える暇がありませんでした。(今思うと現実逃避していたかも…)

そんな中で思ったのが

「時間が欲しい」

中途半端な思いのまま就活を始めるのも、引退間際のスピードスケートを二の次にするのもどちらも私は嫌でした。

なら、いっそのこと休学するのはどうだろう?と。元々留学を視野に入れてたこともあり、4年で卒業することに拘りがなかったのでサクッと決意しました。

▷淡々と過ぎるニートの日々…

決意はしたものの、休学中何をするのか?
ただ自分の将来について考えるだけでは無駄な時間になってしまう…。

そう思った私はインターンで様々なスキルや考え方を身に着けながらビジョンを得られたら最高なのでは!と動き始めました。

しかし、その時期に猛威を振るったコロナウイルス。東京でインターンすることを目標にし、引退後せっせと準備をすすめていたが予定は総崩れとなり地元に帰ることに…(泣)

休学中なので授業もゼミもなく、4月・5月は今まで経験したことがないくらいの自由な時間がありました。

やった~!いつか見ようと思っていた映画やアニメを今なら好きな時間に好きなだけ見られる~!ゲームもやり放題~!

そんな甘い考えに陥った私は、1日、1週間、1ヶ月と貴重な時間をどんどん無駄にし…

「いや待てよ。何のための休学だっけ?
鬼滅の刃見てる場合じゃないよね!?」

と我に返りました。(アマプラには大変お世話になりました)
この一年でたくさんのものを吸収し、自分のビジョンを見つけると決意したのに!

そこからは猛スピードでインターン探しの日々がリスタートとなりました。

前編はここまで。見てくださりありがとうございました!
後編は脱ニートなるか!?というところからお話しします。

お楽しみに( ̄▽ ̄)

大学を休学してニート同然だった私がインターンを始めてみた!【後編】はこちら >

お電話でのお問い合わせ
054-255-1200
(受付時間:平日9時~18時)
\応募フォームはこちら/