社会はそんなに甘くないよ!?失敗談… #5インターンブログ

皆さん、こんにちは!
コミュニケーション・プロデュース部インターン生の伊東七彩です。

最近、寝相がひどくなってきて困っています😐
起きたら枕が足元にあったとか、ケーキだと思って食べたら布団だった、気が付いたらなぜか正座しながら寝ていたということは昔からあったのですが…

先日、夢の中でブチ切れて、足で壁を思いきり蹴ったのは自分でもびっくりして飛び起きました。(その直後、めちゃくちゃドン引きました)足めっちゃ痛かった…。
そして隣の部屋にいる妹よ、ごめんね~m(__)mと思いました。

 

それはさておき、ヘルシーパスにきて4ヶ月が経ちました🙌!
時間の流れが本当に早いです。

様々な業務や案件に携わるだけではなく、社外講師による電話研修にまで参加でき、日々成長していると感じています!

が!上手くいくことばかりではないのが現実です。

私も何回も失敗しました😢
(人間だもの…とほほ…)

今回はヒヤリヒヤリな二つの失敗談についてお話します。

目次

  1. 「あの件どうなった?」の恐怖
  2. 傑作のExcelに「頑張りは伝わるけど、おしいね」
  3. 失敗は存在しない

1.「あの件どうなった?」の恐怖

これは着任して1ヶ月も経たないくらいのお話です。

業務のために医療向け雑誌を読んでいると、教育係の祐也さん(38歳👓・猫好き🐱・趣味はラーメン巡り🍜)から

「伊東さん、インターンブログを始める件どうなった?」

と急な一言。
私は内心

「え?」

と動揺しました。

インターンブログを始めようか~と軽く今後の方針を決めた後、全然祐也さんから詳しい内容を説明される素振りはないし、GO!すぐ取り掛かろう!と言われていない…。

そもそも月末月初で忙しすぎて今やることではないのかな…とまで思っていました。

「…まだ手を付けていません」

正直にそう答えると

「ゼロ~??えーだめじゃーん。結構時間経ってるよー?」

と。

え、まじっすか…(*_*)
初めはそう思いましたがだんだんと気づきがありました。

私は指示を待っていただけだったんだ。
記事の下書きを書くことはすぐにできたはずなのに、”あいまいだから”と勝手に理由付けをしてやってこなかっただけだ

守りに入ってしまい、自分の行動力の無さにがっかりしました。日報(その日の業務内容と反省点・改善点の報告)に反省を書くと祐也さんからフィードバックがありました。

日報のフィードバック
ブログ記事は「あえての放置」にしていました。
上司:「あの案件どうなった?」
部下:「・・・すみません、まだ取り掛かってません。(だって進めていいよって言われてないし。)」
上司:「えっ?明日までにFIXしたいんだけど。いいや、自分でやるよ。」
みたいなやりとりは会社で働くとよくあることです。
特に役職の高い人から任されるタスクは途中の進捗確認くらいなので、自分で考えるか進めておく必要があります。わからないことは質問しながら前に進めていく練習をしましょう。
社会人でも苦労するところなので、早めに経験できるのは良いことだと思います。

…計算高すぎません??
一生付いていきます!

ただ口頭でこういうことが起こるから気を付けようね、というだけでなく実際に体験して反省もできたのでしっかり身につきました。

このような、上司からの「あの件どうなった?」ヒヤリ経験をした方はどのくらいいるのでしょうね…。

2.傑作のExcelに「頑張りは伝わるけど、おしいね」

ある日このサイトに載っている内容をリストアップしてほしい、との依頼メールが。

何事にもチャレンジ!ということで未経験の私が担当することになりました。

WEBサイト上の情報を自動でExcel化する”スクレイピングソフト”というものを初めて使い、手こずりながら何日もかけてやっと完成させた新規顧客開拓リスト…。
(スクレイピングって言いにくい)高校の授業以外でExcelを使わなかった私がこんなリストを作成するなんて!
やればできるじゃん!褒められちゃうかな~♪

これでやっと別の仕事に取り掛かれる~!
次は何だろうなワクワク

こんな呑気な気持ちで祐也さんに「完成しました」とメールを送ると…

すかさず、
「メール見たよ。
 頑張ったのは伝わるけどおしいね~」…おしい!?私はかなり上出来だと思っていたのですが…(*_*)

「このリストだと欲しい項目がまだ足りないなあ。この情報もピックアップしてもらえる?」

そういうことですか~…。

「全てを完成させる前に、必要な項目は何か、区切りのいい時点で上司に確認するといいよ。」

私は仕事をもらったら、それを完成形にして相手に返す、というイメージしかありませんでした。
(大学のレポート提出は完璧にこれ。提出したレポートがフィードバックなしで直結で成績に関わる…!)

”確認”できる環境にいながらも、その大切な作業を見落としていたのです。
これでOKだろうと自分の視点のみで完結している思考が原因です。

「仕上げた物を、一からやり直しって嫌だよね?
仕事は自分にも相手にもストレスなく進めていくのが一番だよ」

おっしゃる通りです。
毎日ストレスフリーで生きていきたいです。

それからは、何か形にして欲しいという依頼の時には必ず先に枠を作って「このような形で進めていますがよろしいでしょうか。」と確認するようにしています。

「ホウレンソウとカクニ(報告・連絡・相談と確認)」は大切ですね。
なんだか美味しそう…!

3.失敗は存在しない

2つの失敗談をご紹介しましたが、失敗は存在しないのです。え?いや失敗してたやん。
と思った方もいますでしょう。

いいえ、失敗は存在しないのです。
(大切なことなので二回言いました☆)

ヘルシーパスが大切にしている言葉にも

『失敗は存在しない。変化を楽しみ、
「勇気」と「愛」と「好奇心」と「感謝」を持ってチャレンジしよう。』

というものがあります。

また、社長・田村さんの研修に参加した際、かの有名な発明家であるエジソンの例が出ました。
エジソンはこう言っています。

「私は失敗したことはない。ただ、1万通りの、上手くいかない方法を見つけただけだ。」

めっちゃポジティブ~👏
確かにそうとらえれば学びはあるなァ

私、失敗してないじゃん!むしろどんどん成長している

なかなか上手くいかないことがあったり、自分ってダメなのかなと思ってしまうときもあります。

でもそれはきっと単なる失敗ではなく、経験であり、その一瞬に学んでいます。
前向きに生きていきましょう~!(ここが私のアナザースカイinマレーシアっぽいやつ✌毎日笑顔で過ごしたい!)

私も残り半年になった休学期間を全力で駆け抜けます🏇!
(って今書いてて、え、半年!?嘘やん!!と慌てましたハハハ)

最後まで読んでいただきありがとうございました!
次回もお楽しみに🙈💕

アルバイトの応募はこちらから

 ↓↓↓ ※まずは、engageで連絡をください。