インターン生が考えるマーケティングって?#13インターンブログ

皆さん、こんにちは。
コミュニケーション・プロデュース部インターン生の伊東七彩です。

先日、久しぶりに大学へ行きました!
教室や体育館などの位置を忘れかけていて、
あれ?私って本当にココの生徒かな…?と焦りました😂

用事のついでにちょこっと部活にも顔を出しました。
(大学ではスピードスケートの部活に所属していました⛸)

私が3年生の時はまだピヨピヨしたひな鳥のようだった後輩が今では立派に部員を引っ張っていて、少し感動👏✨

自分が幹部として部活を運営していた頃を思い出しました。

どんな部活を作っていくのか
どうやって部の魅力を伝え、新入部員を獲得するか
など考えることがたくさんあり、パンク寸前の時期もあったけど楽しかったな~

この経験がきっかけとなり、私はマーケティングに興味を持ちました!
経済学部でも商学部でもない私が、インターンを通して考えたマーケティングについてまとめました✍

最後までお付き合いください!

目次

  1. マーケティングって何?
  2. マーケティングの大切な視点とは?
  3. 「プレゼント選び」に似てる

1.マーケティングって何?

私はヘルシーパスで主にマーケティング業務に携わっています。

マーケティングと聞いてどんなことを思い浮かべますか?

「難しいイメージ」
「広告や広報のこと?」
「市場調査?」
「正直セールス(販売)と違いがわからない」

などはっきりとマーケティングとはこうだ!と言える人はなかなか少ないのではないでしょうか。
私も上手く説明できる自信はないなぁ…。

よし、ここはネットの力を借りよう。

マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合活動である。
(日本マーケティング協会)

いや、むず…😫
「もしドラ」で有名なピーター・ドラッカーの言葉も見てみましょう。

販売とマーケティングは逆である。同じ意味でないことはもちろん。補い合う部分さえない。
何らかの販売は必要である。だがマーケティングの理想は、販売を不要にすることである。
マーケティングが目指すものは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにすることである。
(「マネジメント」)

「マーケティングの父」と言われる経営学者フィリップ・コトラーはこのように述べています。

マーケティングとはどのような価値を提供すればターゲット市場のニーズを満たせるかを探り、その価値を生みだし、顧客にとどけ、そこから利益を上げること
(「コトラーのマーケティング・マネジメント ミレニアム版」)

ということは、
お客様に「コレ買ってください!」という売り込み(セールス)をせずに、自然と売れる状況を作っておくこと…がマーケティング🤔💡?!

超簡単に言うと
「お客様が必要だと感じた時にすぐ手に取れるような、自然と売れている仕組みを作ること」
これがマーケティングだ!

そう考えると、調査や分析、立案、広報などは理想のマーケティングをするための手段というわけですね!

2.マーケティングの大切な視点とは?

現代では
「パソコンやスマホを使いこなせるのは当たり前」
「英語を話せるのは普通」
と言われているようにマルチスキルが求められています。

ではマーケティングにはどんな力が必要なのでしょうか🤔?

収集したデータを分析する力?
トレンドに敏感な情報収集力?
面白い考えを生み出すクリエイティブな力?

確かにどれも重要な力です!
でももっと大切なことがある!と、ヘルシーパスでのインターンを通して感じています。

それは…相手の立場になって気持ちを考えること

「いや、それ…当たり前じゃん!!」と思った方。

そうなんですよ!当たり前なんです!
”当たり前”なはずなのに顔の見えないコミュニケーションが中心の現代ではおろそかになりがちだと感じます。

SNSなどでの心無い誹謗中傷や、自己中心的な煽り運転、コロナ禍での自分勝手な迷惑行為…
ニュースなどで目にしたことがあると思います。

相手の立場になって気持ちを考えるという、当たり前のことを当たり前に行うことは大切です。

日々の業務では、お客様(=ドクターやスタッフの皆さま)が
どんなことで困っているのだろうか?
どんな時に喜びを感じるのだろうか?
どんなアプローチ方法が好みだろうか?
こんな事を考えながら日々業務に取り組んでいます。

お客様が商品やサービスを買ったり、もっと情報が欲しいから調べるといった行為の裏側には、
「これ良いな」
「欲しいな」
「痛みを解消できそう(役立ちそう)」
といった「気持ち」がくっついています。

お客様のその気持ちを引き出すためには、やっぱり「相手の立場になって気持ちを考えること」が一番大切だと思います。

ミーティングで行き詰まった時も
「一旦、クライアントの立場になって考え直してみようか」
「これだと私たちの業務効率はあがるけど、クライアントにとってはどうかな?」
と改めて意識することもよくあります。

そんな風に業務をこなしていて最近思うんですよ、

「マーケティングってプレゼント選びと似ているんじゃない!?」と。

今回はここまで🤭
最後までお読みいただきありがとうございます!

次回はマーケティングと「プレゼント選び」のプロセスについてお話します!
お楽しみに~🙌

アルバイトの応募はこちらから

LINEから

※まずはLINEの友だち登録をしてください 友だち追加

engageから

engageからもご応募可能です。