グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



原料


サプリメントの原料には「合成」と「天然」があります。毎日、安心してサプリメントを利用するならば、より食べ物に近く、吸収率や体内利用率の高い「天然原料」がおすすめです。

※天然原料と合成原料には明確な定義がありませんが、当社では以下のように考えています。
・天然原料:野菜、果物、酵母などの天然素材から得られた原料
・合成原料:人工的に分子の構造を変化させて製造された原料

天然と合成の違い

サプリメントの原料には「分子の主要な構造を変化させて製造された合成原料」と「野菜、果物、酵母等から抽出された天然由来の原料」があります。

合成原料は安価で高濃度というメリットがありますが、特に安い原料においては不要な化学物質混入のリスクもあります。
天然原料は、吸収率や体内での働きの面で合成品より優れ、何より「食べ物に近い」というメリットがありますが、価格が高く、濃度が低いというデメリットもあります。


天然原料のメリット

天然の原料を使うことにより、量がかさばる、値段が上がってしまう、
などのデメリットもありますが、
それ以上に大きなメリットがあります。

1.栄養素の生体内利用率が高い
2.主要の栄養素と相乗効果を示す栄養素も同時に摂取できる

例えば、天然ビタミンCを扱う原料メーカーN社では、
「天然ビタミンCの方が、合成ビタミンCより生体内抗酸化率が高い」と示しています。
経口摂取からの血中移行量は、天然ビタミンCの方がビタミンC単独より優れており、
各臓器への吸収効率も、とりわけ海馬、皮膚、心臓、白色脂肪において、天然ビタミンCが有意に増加しました。
また、アメリカに本社を置くG社の、酵母にビタミン・ミネラルを添加して培養させた原料は、
合成のものに比べ、血中移行率が約1.2~1.5倍高く、肝臓内利用率は1.5~2倍も高いと報告されています。

ビタミンEも、天然と合成では生体内利用率が約1.5倍違うと言われています。

さらに、天然ビタミンCには、ビタミンCの吸収を助けたり、抗酸化作用の高い「ケルセチン」や、ブルーベリーで知られる抗酸化物質の「アントシアニン」も含まれており、ビタミンCと相乗効果が期待されます。

特定のビタミン・ミネラルが豊富な食品は、その栄養素を補佐し、相乗効果を示す栄養素も多く存在するため、
食品になるべく近い形で摂取することは、サプリメントを飲む量が増えたり、値段が上がっても、効率良く栄養補給できると言えます。

原料の色

サプリメントに使用する原料には、様々なものがあります。
白、黄色、クリーム色、灰色、黒、茶色、ピンク、赤、オレンジ、緑など、
配合される栄養素や原料によっても、色は様々です。

「天然原料」は、酵母原料や天然果汁から抽出したものが多く、ロットによって色が違います。
そのため、製造工場からは、
「今回は、前回よりもやや茶色っぽくなりました。」とか
「今度は白っぽいです。」などの報告があることも珍しくありません。

頻繁に色が変わってしまうため、大量生産したり、不特定多数の方に直販を行っている場合には、クレーム防止のために、合成原料や合成着色料を使って色をそろえるように加工して、色の変化を目立たなくするするメーカもあります。

20151105-172321-4977.jpg

サプリメントや健康 食品に使われる原料の研究や開発を行っていた、元原料メーカー勤務の社員が、サプリメントの原料を提供する「原料メーカー」の立場から、健康食品業界の裏側をホンネで語ります。