グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム >  セミナー情報 >  オンライン・セミナー【お申込受付中】 >  【終了】クリニックの集患に役立つGoogleマイビジネス活用法  ~「地域名+診療科」検索にてGoogleマップで上位表示されるには?!~

【終了】クリニックの集患に役立つGoogleマイビジネス活用法  ~「地域名+診療科」検索にてGoogleマップで上位表示されるには?!~


オンライン・セミナー「クリニックの集患に役立つGoogleマイビジネス活用法~「地域名+診療科」検索にてGoogleマップで上位表示されるには?!~」は2021年11月26日に終了いたしました。


クリニックの集患に役立つGoogleマイビジネス活用法

~「地域名+診療科」検索にてGoogleマップで上位表示されるには?!~

Aマーケティング合同会社 代表 平岡 謙一 氏

(左)Aマーケティング合同会社 代表 平岡 謙一 氏 (右)株式会社ヘルシーパス 代表取締役社長 田村 忠司

●公式HP
●家族や友人・知人の紹介
●口コミ・比較サイト
●地図アプリ

上から順に患者さんが、医療機関を調べる際に何を参考にしているのかの民間アンケート会社の調査結果です。
この調査からもわかるように既に多くのクリニックでは公式HPを作成し基本情報を掲載しています。
しかし、最近では調査結果の4番目にあるように患者さんは地図アプリ、主にGoogleマップでも医療機関を探しています。
皆さんが初めて訪れる場所で飲食店を検索する時を想像してみてください。

患者さんはGoogle マップを使い、投稿された口コミや実際に来院した方が取った写真、星の数による評価、
口コミへの返信内容などの、公式HPに掲載されていない情報を、クリニック選びの参考にしているのです。

このGoogle マップ、Google検索での口コミに対する返信や、評価の確認ができる無料ツールがGoogleマイビジネスです。
この無料ツールを上手に活用し、口コミを蓄積することで、狙ったワードの検索にて上位表示されやすく
なります。患者さんの目にも留まりやすくなるのです。

多くのクリニックがあるなかで、検索エンジン、Google マップ上で患者さんにクリニックの存在を認知してもらうためには無くてはならないツールと言えます。


本セミナーでは当社の広告運用のアドバイスを頂いているAマーケティング合同会社 CEO 平岡 謙一 氏をお招きし、

・クリニックがGoogleマイビジネスを活用すべき3つの理由
・地域名×サービス名検索(ローカルSEO)で検索上位に表示されるための4つのポイント
・Googleマイビジネスの活かし方

など集患や患者さんとの最初の窓口として役立つGoogleマイビジネスの活用方法をお話いただきます。

Googleマイビジネスを活用し、患者さんが「このクリニックに行ってみよう」と思ってもらえる情報発信術を学びましょう!

開催情報

日 時 11月26日(金)19:00~20:30
会 場 本セミナーはオンライン開催(LIVE配信)とさせていただきます。
(※視聴方法につきましては、お申し込み後、別途ご案内いたします)
講 師 平岡 謙一 氏
Aマーケティング合同会社 代表
参 加 費 無 料
主 催 株式会社ヘルシーパス

オンライン・セミナーご参加について

必要なもの ・Zoomをインストールしたパソコン・タブレット・スマートフォン
・パソコン(Windows・Mac)を推奨します。※ガラケーではご参加いただけません。
・セミナーに参加できるネット環境(通信料はご負担願います)
Zoomの
ご案内
Zoomとは、アプリのインストールにより、テレビ会議が出来るシステムです。
パソコン、スマートフォン、タブレットなどで、誰もが無料でこのシステムを利用可能です。IDやパスワードは、後日お知らせします。
注意事項 録画録音はご遠慮ください。

講師紹介

平岡 謙一 氏(ひらおか けんいち)

Aマーケティング合同会社  代表

静岡県生まれ。同志社大学卒。大学卒業後、開発職として大手家電メーカーに入社。
静岡⇔東京間を新幹線通勤する中で、移動時間を利用して、マーケティング会社であるキメラワークスを2007年創業。
2012年より株式会社アクシスのCOOとしてデジタルマーケティング事業を開始、国内外の大手企業のデジマをサポート。
2020年より素晴らしいアイデアを形にするためフィリピンのオフショア開発会社のCMOに就任。
2020年、デジタルマーケティングを提供するAマーケティング合同会社の代表として、商品開発から拡販までをフルサポートする仕組みを構築。
2021年、サブスクリプションテクノロジーズ株式会社を創業。いままで培ったマーケティングの知見をサブスク構築後の拡販に活かしている。





進行・インタビュアー:株式会社ヘルシーパス 代表取締役社長 田村 忠司

田村 忠司
株式会社ヘルシーパス 代表取締役社長

1965年生まれ。富山県出身。1988年東京大学工学部産業機械工学科卒業。同年、株式会社リクルートに入社。通信事業を中心に経営戦略、
新規事業立案、マーケティング戦略立案、営業活動に従事。

1998年「日本老化制御研究所」を擁する日研フード株式会社に入社。
取締役経営企画室長、サプリメントの製造子会社の代表取締役社長として活動。

2006年「医療従事者が自信をもって使えるサプリメントを提供してほしい」という医師、薬剤師からの要請に応え、医療機関専用サプリメントの専門メーカー、株式会社ヘルシーパスを設立。栄養療法に取り組む医師、歯科医師へのサポート・情報提供のため、日本全国を飛び回り、
楽しく仕事に取り組んでいる。

著書に「サプリメントの正体:東洋経済新報社・知的生き方文庫」
「これを食べればサプリはいらない:東洋経済新報社」
「健康長寿の栄養学ハンドブック(日本アンチエイジング歯科学会編):草隆社」
「自由診療・サプリメント導入実践マニュアル(共著):日本法令」
など。