医療機関の方オンラインショップ 患者様オンラインショップ

よくあるご質問

栄養素について

ベータカロテンはビタミンAの前駆体だと聞きました。
ベータカロテンをビタミンAに換算する計算方法を教えてください。

ベータカロテンがビタミンAの約1/12の作用であるといわれる理由

ベータカロテンは、ベータカロテンを含む食材の種類や量、一緒に調理される食材、調理法、摂取する人の栄養状態や健康状態、遺伝的背景などによって、吸収率が大きく異なると言われています。
そこで、厚生労働省が定める「日本人の食事摂取基準」ではアメリカ、カナダの食事摂取基準にならってビタミンAの吸収率の1/6としています。

また、ベータカロテンからビタミンA(レチノール)への体内での転換効率は50%(1/2)と考えられており、食品由来のベータカロテンのビタミンAとしての生体利用率(レチノール当量:RE)は1/12(1/6×1/2)となります。

日本人の食事摂取基準によると1日の推奨量と耐容上限量は以下の通りです。
【推奨量】18~69歳:男性800~900μgRAE、女性650~700μgRAE
【耐容上限量】18~69歳:男性2700μgRAE、女性2700μgRAE

よくあるご質問の一覧はこちら