医療機関の方オンラインショップ 患者様オンラインショップ

開催終了

アイトラッキング(視線可視化)システムを用いた認知症スクリーニングの可能性

アイトラッキング(視線可視化)システムを用いた認知症スクリーニングの可能性

セミナー開催にあたり

※本セミナーは当日のライブ配信のみとなっております。(見逃し配信はございませんのでご注意ください)


平均寿命の伸びとともに、国内はもとより世界的に大きな社会問題になっている認知症。
いまだに、発症後に回復することが難しいとされ、数ある病気の中でも最もかかりたくないものの一つです。確実な治療法が確立していない現状では、できるだけ早く病気の予兆を捉え、適切に対処していくことが現実的な対策です。ところが、認知機能の低下を早期に把握するのは、なかなか難しいのが現実です。

●MMSEを初めとする問診式のテストの問題点
 ・健常な段階で受診すると「満点」となってしまい、認知機能の低下が把握できない
 ・満点が取れなくなった時点では、すでに手遅れのことが多い
 ・間違った回答をするのが恥ずかしくて、患者さんがテストを避けたがる

こうした問題点の解決に役立つ技術として注目されているのが、視線の動きを可視化する「視線計測装置」です。もともと、自閉症スペクトラム症の研究などに使われていたこの技術が、認知機能検査にも活用できることが最近の研究で明らかになってきています。

●従来の検査方法に比べて、視線計測装置が優れている点
 ・わずか3分で認知機能を測定可能
 ・ディスプレイ上の画像を見ているだけなので、誰でも簡単に評価可能
 ・回答の正誤が問われないので、患者さんにとって抵抗感が薄い
 ・認知症発症の遥か手前で、認知能力の低下を検知できる

この研究が進んで測定機器が普及すれば、発症のずっと手前で予兆に気づき、生活習慣改善などの手を打つことで、認知症を回避することが可能になると、私(田村)は熱い期待を寄せています。

という訳で、2 月のオンラインセミナーは、この視線計測装置による認知機能の測定の研究で著名な、大阪大学大学院医学系研究科 臨床遺伝子治療学 寄附講座 准教授の武田 朱公先生をお招きし、認知機能検査に関する視線計測の仕組みとその精度、視線計測ならではのメリットを詳しくお話しいただきます。

さらに、視線計測装置「Gazefinder(ゲイズファインダー)」を開発したJVCケンウッドの方にもご参加頂き、開発メーカーならではのお話もお聞きする予定です。
皆さんのご参加をお待ちしております。

講師紹介

武田 朱公 先生 講師

武田たけだ 朱公しゅこう  先生

大阪大学大学院医学系研究科 臨床遺伝子治療学 寄附講座 准教授

平成16年3月 北海道大学医学部医学科 卒業
平成16年4月 大阪大学医学部附属病院 研修医
平成22年3月 大阪大学大学院医学系研究科 博士課程修了
      (加齢医学教室)
平成23年1月 東京大学大学院医学系研究科 特任助教
      (先端臨床医学開発講座)
平成23年4月 日本学術振興会 特別研究員PD
      (米国ハーバード大学医学部)
平成25年2月 日本学術振興会 海外特別研究員
      (米国ハーバード大学医学部)
平成27年2月 米国ハーバード大学医学部・マサチューセッツ
       総合病院 研究員
平成28年4月 大阪大学大学院医学系研究科 臨床遺伝子治療学
       寄附講座 准教授 現在に至る
令和2年4月より
大阪府立病院機構大阪精神医療センター こころの科学
リサーチセンター 診断・治療創生部門 認知症ユニットリーダー兼任
田村忠司 進行・インタビュアー

田村たむら 忠司ただし

株式会社ヘルシーパス
代表取締役社長

1988年東京大学工学部産業機械工学科卒業。
株式会社リクルートを経て、98年「日本老化制御研究所」を擁する日研フード株式会社に入社。取締役経営企画室長、サプリメント製造子会社の代表取締役社長として活躍。
2006年「医療従事者が自信を持って使えるサプリメントを提供してほしい」との、医師、薬剤師からの要請に応えて、株式会社ヘルシーパスを設立。医療現場とサプリメント製造現場の両方を知る立場から、医療機関専用サプリメント開発メーカーの経営にあたっている。
日本抗加齢医学会会員

<著書>

サプリメントの正体「これ」を食べればサプリはいらないサプリメントの正体: 本当に「効くもの」「危ないもの」

開催情報

日 時2022年2月9日(水)19:00~20:30
会 場本セミナーはオンライン開催(LIVE配信)とさせていただきます。 (※視聴方法につきましては、お申し込み後、別途ご案内いたします)
対 象医師・歯科医師・医療スタッフ
参加費無料

オンラインセミナーご参加について

必要なもの・Zoomをインストールしたパソコン・タブレット・スマートフォン
・セミナーに参加できるネット環境(通信料はご負担願います)
Zoomの
ご案内
Zoomとは、アプリのインストールにより、テレビ会議が出来るシステムです。
パソコン、スマートフォン、タブレットなどで、誰もが無料でこのシステムを利用可能です。
IDやパスワードは、後日お知らせします。
推奨環境パソコン(Windows・Mac)での視聴を推奨します。ガラケーではご参加いただけません。
注意事項録画録音、途中退出(体調がすぐれない場合は除きます)はご遠慮ください。
セミナー情報やお役立ち情報をメールでお届け

最新セミナー情報、患者さんへのお声がけに役立つ情報、
患者さんからいただいた栄養素に関するご質問の回答例などを、
メールにて無料で配信しています。

セミナー情報のお見逃しがないよう、下記よりご登録ください。

無料メルマガの登録はこちら

開催予定のセミナー

2022年6月6日(月)

全身疾患を予防するための歯科医療と医科歯科連携の重要性

全身疾患を予防するための歯科医療と医科歯科連携の重要性

過去に開催したセミナー

第33回栄養療法実践セミナー「サプリメントの臨床成果報告」in東京

第33回栄養療法実践セミナー「サプリメントの臨床成果報告」in東京

患者さんへのサプリメント広告で法律違反?!<br />
医療機関を守る 薬機法・景品表示法セミナー

患者さんへのサプリメント広告で法律違反?!
医療機関を守る 薬機法・景品表示法セミナー

第2回 抗加齢医学を実践する臨床医の会 録画配信講演会<br />
中島 孝哉 先生 と 岩波 久威 先生 をお迎えして

第2回 抗加齢医学を実践する臨床医の会 録画配信講演会
中島 孝哉 先生 と 岩波 久威 先生 をお迎えして