医療機関の方オンラインショップ 患者様オンラインショップ

よくあるご質問

原材料・成分についてアレルギー

『マルチビタミン&ミネラル【アレルゲンケア】』にはなぜベータカロテンではなく、ビタミンAが配合されているのですか?

『マルチビタミン&ミネラル【アレルゲンケア】』にはなぜベータカロテンではなく、ビタミンAが配合されているのですか?

『マルチビタミン&ミネラル【アレルゲンケア】』はアレルギー物質が気になる方でも安心してお召し上がりいただけるよう、アレルギー表示の対象となる28品目を含む原材料は使用していません。

アレルギーの表示の対象となる28品目

【特定原材料】7品目

小麦 そば 落花生 えび かに

【特定原材料に準ずるもの(推奨表示)】21品目

あわび いか いくら オレンジ キウイフルーツ 牛肉 くるみ
さけ さば 大豆 鶏肉 バナナ 豚肉 まつたけ
もも やまいも りんご ゼラチン カシューナッツ ごま アーモンド

参考)ベータカロテンとビタミンAの違い

ベータカロテン
ベータカロテンの構造は炭素数40個からなり、酵素で酸化的に切断されることによってビタミンA(レチナール)を生じます。

ベータカロテン

食事由来のベータカロテンなどのカロテノイド類から体内で生成された物質は、ビタミンAとしての効力をもつことからプロビタミンAと呼ばれています。

ベータカロテンは、経口的に摂取されると小腸粘膜上皮細胞から吸収されて、開裂、酸化されレチナールとなります。このレチナールが還元されるとレチノール、酸化されるとレチノイン酸になります。

体内でビタミンAが不足している時に、ベータカロテンのうち必要な量だけビタミンAに変換されます。ベータカロテンは、体がビタミンAを必要としない時には、ビタミンAには変換されず、そのまま主に脂肪細胞に貯蔵されるかもしくは排泄されますので、過剰症についてはあまり言及されていません。

ビタミンA
ビタミンAとは、下図のような炭素数20個をもつアルコールとして発見されたレチノールと呼ばれる物質のことをいいます。

ビタミンAの構造式

レチノールは生体内で酸化されることで、生理活性をもった物質に変換されます。すなわちレチノールは、生体で酸化されて「レチノールレチナールレチノイン酸」と変化します。レチナールは視覚作用、レチノイン酸は細胞の分化や成長、皮膚粘膜の形成作用に関わっています。

ビタミンAが欠乏すると、暗い場所での視力の低下、あるいは、暗さに目が慣れるのが遅くなるなどの症状が知られています。これは、網膜内の光を認知する視物質であるロドプシンが、レチナールを補酵素として使用しているためです。

ビタミンAは、核内受容体を介した遺伝子発現の調節を行い、体内で蓄積されてしまうことからも、過剰摂取には注意が必要な栄養素となっています。特に、妊娠中の女性は重複して過剰摂取にならないよう注意しましょう。

<参考資料>
厚生労働省HP
日本ビタミン学会 ビタミンの事典 普及版第1刷 2010年

ヘルシーパスブログ
目や肌の健康の強い味方!!ビタミンA

関連商品

マルチビタミン&ミネラル【アレルゲンケア】

マルチビタミン&ミネラル【アレルゲンケア】

関連するQ&A

『マルチビタミン&ミネラル【酵母フリー】』から『マルチビタミン&ミネラル【アレルゲンケア】』、『マルチビタミン&ミネラル【アスリート】』に変わったそうですが、何が違いますか? 『マルチビタミン&ミネラル【酵母フリー】』が、『マルチビタミン&ミネラル【アレルゲンケア】』と『マルチビタミン&ミネラル 【アスリート】 』に分かれましたが、どちらを購入すればいいですか? 『マルチビタミン&ミネラル(大小セット)』と『マルチビタミン&ミネラル【アレルゲンケア】』に配合されている栄養素は同じですか? 『マルチビタミン&ミネラル【アレルゲンケア】』を開封して常温で保存していたら、カプセルの中に茶色の粒が入っていました。飲んでも大丈夫でしょうか?また、変色を防ぐには冷蔵庫に入れた方が良いですか?
よくあるご質問の一覧はこちら