自信を持って
サプリメントを活用するための
ガイドブック

医療機関におけるサプリメント活用 実践マニュアルとは

「栄養状態に注目すること」が患者さんの健康を取り戻すための「大事なピース」であることに気付いた先生方が、自信を持ってサプリメントを日々の診療に活用できることを願いこのサイトを開設しました。

当社ヘルシーパスは2006年より15年に渡り、全国3,000以上のクリニックへ医療機関専用サプリメントの導入をお手伝いしてきました。

様々なクリニックでの成功事例・失敗事例を通して学んだ、サプリメントの上手な活用方法をシェアして参ります。

医療や栄養・サプリメントの知識だけでなく、スタッフの採用やコーチング、クリニックの理念、さらにはクリニック経営など、自由診療を取り入れるクリニックの多岐にわたる課題解決の一助となるべく様々なコンテンツを用意しております。

医療機関向けサプリメント活用 実践マニュアルはこちら >

運営のヘルシーパスとは?

株式会社ヘルシーパス ロゴ

全国3,000を越える医療機関が当社サプリメントをご活用

医療機関専用サプリメントで15年の歴史

ヘルシーパス代表の田村がサプリメントに関わるようになったのは、2001年の夏のこと。

当時、某食品会社の新規事業部門責任者をしていた田村は、新事業の一つとして老化制御技術の研究を行っていました。

研究者向けに測定の抗体の提供、検体の測定結果をレポートする中で、測定結果が思わしくない方に対する解決策の提供として、サプリメントの開発プロジェクトがスタートしました。

サプリメント誕生から廃業

2種類のサプリメント製造に成功し、2002年サプリメントを製造・販売する子会社を立ち上げ、2004年から田村が社長を務めました。ところが、企業グループのオーナーが急に亡くなり、サプリメント会社は2006年9月に清算されることになりました。

ドクターからの支援でヘルシーパス設立へ

会社の廃業によってサプリメント供給が出来なくなることを、お客様を訪問し、お詫びして回っていました。

サプリメントを診療に取り入れていらっしゃったお医者様から、
「あのサプリメントが無くなってしまうのは本当に惜しい!なんとか供給を続けてもらう方法は無いものか?
そうだ、有志を募って資本金を集めるから、それで会社を立ち上げてくれないか?」
とご提案をいただきました。これが実際に株式会社ヘルシーパスの設立につながっていくのでした。

このような中で、患者さんのことを真剣に考えるドクターと、もっと切磋琢磨していきたいと、日に日に強く思うようになっています。

しかしながら、患者さんのために予防医療を含めて考えるドクターはまだ少ない。ともすると、周りに同じ理念をもった仲間がおらず、少し寂しい想いをしたこともありました。

設立から15年、多くの先生との取り組みを通して「患者さんから感謝された」「何をやってもうまくいかなかった患者さんが快方に向かった」といった声を数多くいただき、設立当時の想いが少しづつ叶いつつあり嬉しく思います。

患者さんの栄養状態の重要性に気づいた先生方に、うまくサプリメントを活用されている先生方の成功のエッセンスを整理してお届けしていきます。

ヘルシーパスの概要はこちら >

サプリメント活用 実践マニュアルの著者紹介

株式会社ヘルシーパス 代表取締役社長
田村 忠司(たむら ただし)

1988年東京大学工学部産業機械工学科卒業。株式会社リクルートを経て、98年「日本老化制御研究所」を擁する日研フード株式会社に入社。
取締役経営企画室長、サプリメント製造子会社の代表取締役社長として活躍。2006年「医療従事者が自信を持って使えるサプリメントを提供してほしい」との、医師、薬剤師からの要請に応えて、株式会社ヘルシーパスを設立。
医療現場とサプリメント製造現場の両方を知る立場から、医療機関専用サプリメント開発メーカーの経営にあたっている。

株式会社楽志堂 代表取締役
橋本 直道(はしもと じきどう)先生

横浜市立大学卒業後、(株)ユニクロを経て2013年コーチング事業をスタート。主に、経営者や個人事業主向けにエグゼクティブコーチングを行う。2018年恩師であった、(一社)コーチングカレッジ代表の逝去に伴いコーチングスクールのコンテンツ開発、企画、運営、講師として参画。
2019年より、ドクタープロデュース事業をスタート。ドクター向けのブランディング、PR、教育コンテンツ開発を行う。
2021年1月株式会社楽志堂を設立。
「朝起きるのが楽しい世界をつくります」というミッションのもと、コーチングやコミュニケーションを土台とした、ウェルネス関連の新規事業開発やコンサルティング、事業プロデュース、ドクタープロデュースなどを手がけている。
また、2018年には僧堂修行を経て、日蓮宗僧侶としても精進している。

更新履歴

心理&人間関係編

[相手理解PART 2]話を「聴く」際に大切なこと【心理&人間関係編 第3回】

相手を理解する力を高める為に、最も大切なことはなんでしょうか。 それは、相手の話を「聴く」ということです。 相手の話を聴くことで、より多くの情報を引き出し、多面的かつ本質的に相手を理解することができま ...

心理&人間関係編

[相手理解PART 1]人が変化できない理由とは【心理&人間関係編 第2回】

『相手を理解する力』を高め、患者様に『幸せな影響力』を与える為の具体的な方法を順番にご紹介致しますが、その前に、それをうまく現場で活用し、患者様から信頼を得て、患者様の行動に変化をもたらす重要なポイン ...

ロジック&しくみ編

栄養素やサプリメントにはエビデンスが無い?【ロジック&しくみ編 第3回】

既に触れたように、医療に携わる方とサプリメントに関してお話しすると「栄養素の補給やサプリメントが、病気の治療や予防に役立つという『エビデンス』はあるのですか?」という質問を受けることが多くあります。 ...

心理&人間関係編

『患者様への上手な勧め方』とは【心理&人間関係編 第1回】

「患者様にサプリメントをお勧めしたいと思っているのに、上手に勧めることができない・・・。」 こうした悩みを抱えているお医者様がたくさんいらっしゃるというお話を、田村社長からお聞きしました。 申し遅れま ...

ロジック&しくみ編

医療機関がサプリメントを扱う意義-前編【ロジック&しくみ編 第2回】

まずは結論から 医療機関がサプリメントを扱う意義について結論から申し上げれば「より多くの患者さんを助け、医療者として幸せに仕事をするため」と私は考えています。 栄養状態に注目することで、お薬や手術では ...

【オンライン版】ドクター・インタビュー

栄養療法を始めようとしたものの「なかなか上手に患者さんにサプリメントをお勧めできない・・」という医療機関は多いと思います。
そこで栄養療法を上手に実践されている医師・歯科医師の先生方に「実践に至るまでの経緯」や「上手く行っている理由」などをお聞きし動画にしました。「これから栄養療法を始めよう」と思っている先生や「始めたが上手くいかない・・」という先生には特にご覧頂きたい内容です。

【ドクターインタビュー ダイジェスト版】

無料会員登録ですべての動画をご覧いただけます >

Copyright © HEALTHY PASS , All Rights Reserved.