【サプリメント紹介】「アセロラVC」


健康の維持、増進のためには、ビタミンCは1日に1,000㎎以上摂取した方が良いとも言われていますキラキラ
そのため、少ない量でたくさんのビタミンC補給が可能な合成のビタミンCを摂取されている方が多いですねbulb(私もたくさん摂取したいので合成のビタミンCで補給しています)

しかし、中にはやっぱり天然にこだわりたい!!
という方もいらっしゃいます。

そこで今回は、そんな方から支持をいただいている商品「アセロラVC」を紹介したいと思いますにこにこ


【商品写真】
2016061624

【粒写真】
2016061625

●同じ量のビタミンCを摂るなら天然の方が良い
もし、天然と合成のビタミンCをそれぞれ同じ量摂取しするとしたら、その場合、天然のビタミンCの方が働きが良いと考えられます。
何故なら、天然のビタミンCにはビタミンC以外にポリフェノールなどの有用な成分も含まれているからです音譜

「アセロラVC」は100%アセロラ由来のビタミンCであり、アセロラに含まれるポリフェノール(アセロニジン、ケルセチン配糖体、プロシアニジン類など)カルシウムカリウム有機酸(リンゴ酸)なども含まれていますキラキラ

●天然と合成の定義
サプリメントの原料を大別する場合、「天然原料」と「合成原料」に分けることがあります。
しかし、この天然と合成の区分にはハッキリとした定義があるわけではないため、サプリメント会社によって分け方が異なりますびっくりびっくり

ちなみに当社では以下のように定義していますサゲサゲ↓

≪天然原料≫
野菜、果物、酵母などの天然素材から得られた原料。

≪合成原料≫
人工的に分子の構造を変化させて製造された原料

※合成原料というと「石油から作られたもの」と考えている方が多いですが、当社では、原料の由来が天然のものでも人工的な化学処理がされていれば合成としています。
例えば、当社で使用している合成のビタミンCはトウモロコシのデンプンから作られたものですが、デンプンの構造を変化させてビタミンCにしているため合成に分類します。

●天然ビタミンCの利点と欠点
当社が考える天然ビタミンCの利点と欠点は以下の通りですサゲサゲ↓

≪利点≫
・ポリフェノールなどビタミンC以外の有用な成分が含まれる
・人工的な化学処理をしていないため安心感がある

≪欠点≫
ビタミンCの含有率が少ない
※合成のビタミンCは含有率が100%近いのに対し、アセロラVCのビタミンC含有率は30%しかありませんあせる
価格が高い

合成の原料であっても安全性が高くて良いものもたくさんありますが、やっぱり天然にこだわりたいビックリマークという方は、是非お試しくださいにこにこ

 

(さ)

 

<参考>
・㈱ニチレイバイオサイエンス 資料