研究・論文紹介

酸化ストレスは糖尿病発症リスクを高める!?

糖尿病は世界中で増えている疾患であり、2035年には世界の糖尿病患者は6億人に到達すると言われています。

その糖尿病の発症要因の一つに酸化ストレス」が関わっている可能性がある、という研究報告がありましたのでご紹介します。

続きを読む

緑茶で認知症予防?

緑茶は私達日本人にとって親しみやすい飲み物であり、日常的に飲んでいるという人が多くいます。

その緑茶に関する研究では、緑茶に含まれている特定の栄養成分単体を摂取するのではなく、「緑茶」として栄養素を複合的に摂取することで認知症予防にも役立つのではないか、というものが数多く報告されています。

そこで今回は、「緑茶と認知症予防」についてまとめます。

続きを読む

【論文紹介】オメガ3系脂肪酸の血中濃度は健康の指標になる??

魚油に含まれる「EPA」「DHA」や亜麻仁油に含まれる「α-リノレン酸」などの「オメガ3系脂肪酸」には、体に良い働きがあることが知られており、積極的な摂取を意識されている方も多いかと思います。

今回は、そんな「オメガ3系脂肪酸」の血中濃度が健康に及ぼす影響についてご紹介いたします。

 

続きを読む

最近話題の「新しい検査方法」のご紹介

身体の状態を調べる検査の中には、比較的簡易に出来る検査と、コストや身体への負担などが大きく、なかなか一般に浸透しない検査など様々なものがあります。

今回は、新しい技術や従来の技術の応用などから開発された検査についていくつかご紹介いたします。

 

続きを読む

要注意!歯周病は全身の健康状態に影響する?!

歯の健康を意識する中で「歯周病」という言葉を耳にする方もいらっしゃると思います。

健康な歯を保つためにも予防したい「歯周病」ですが、口腔内だけでなく、全身的な疾患にも関わりがあることがわかってきました。

そこで今回は「歯周病」についてご紹介いたします。

続きを読む

低FODMAP(フォドマップ)食とは?

オリゴ糖や乳製品、食物繊維を多く含む豆類、果物などは健康に良いと言われ、「お腹の調子を整える」「便通の改善」などの効果を期待し、積極的に摂取されている方も多くいらっしゃると思います。

しかし、そういった食品を摂取することで、身体にマイナスの症状が現れる方もいるそうです。

今回は、過敏性腸症候群などの胃腸症状のある方の食事療法の一つである「低FODMAP食」についてご紹介いたします。

 

続きを読む

【論文紹介】魚でうつ病予防!?積極的に魚を摂りましょう!

精神疾患により医療機関にかかっている患者数は、近年大幅に増加してきているそうです。

精神疾患で医療機関にかかる人の人数は、平成8年は218万人、平成14年には258万人、平成23年は320万人となっています。

その中でも、うつ病が一番多く、次いで統合失調症、不安障害、認知症となっており、近年はうつ病や認知症などの著しい増加がみられます。

今回は、「うつ病」の予防に「魚介類の摂取」が効果的だという調査報告をご紹介いたします。

続きを読む