食物と栄養素

しめじを使った「免疫力強化レシピ」

食欲の秋は美味しい旬の食材がたくさんあります😄

イチジク、ブドウ、柿などの果物に、しいたけ、しめじ、まいたけなどの きのこ、秋刀魚、かつお、牡蠣などの魚介類や芋類など、想像するだけでよだれが出てきそうです😋

今回は、そんな中でもビタミンDが豊富なきのこを使った免疫力強化レシピしめじと鮭の炊き込みご飯」をご紹介します💡

続きを読む

栄養価の高い秋果物~もも~

甘くてみずみずしくて、優しい甘みが特徴のももはただおいしいだけではなく、栄養満点なことをご存じですか?
今回は今が旬の「もも」について簡単にご紹介します🍑!

ももってどんな果物?

ももの旬は6月頃から9月頃までといわれており、7月頃が出荷の最盛期です。
ももの歴史はすごく長く、中国では3000年以上前から食用として栽培されていたと言われています👀💥

日本では、弥生時代の遺跡からももの種が見つかっており、古事記や日本書紀にも記載があるそうです。
中国には、ももを食べた仙人が不老不死となった説話があることから「仙果(センクワ)」とも呼ばれ、花や葉、枝にも邪気をはらう効果があると考えられてきました。

日本でも鬼を恐れさせるといわれ、これが昔話「ももたろう」につながったという説もあります!


果肉の色によって、白桃(白肉種)と黄桃(黄肉種)に分けられますが、日本では白桃、ヨーロッパでは黄桃が多く栽培されており、全体の種類としては100以上あるそうです。

ももの栄養素

日本でよく栽培されている白桃おもな栄養成分(可食部100g中)をピックアップし、効果と一緒にご紹介します🎶

食物繊維(1.3mg)

桃にはペクチンなど食物繊維も沢山含まれています。
水溶性食物繊維は整腸作用があるので、便秘予防に効果があります。
また、最近では、心筋梗塞、糖尿病、肥満などの生活習慣病の予防に役立つこともわかってきています。

ビタミンE(0.7mg)

強い抗酸化力を持つビタミンで、細胞の老化を防ぐことから、生活習慣病の予防効果が期待されています。

ナイアシン(0.6mg)

糖質・脂質・たんぱく質からエネルギーを産生する過程において重要な補酵素として役割を果たしています。

カリウム(180mg)

細胞の外液に存在するナトリウムとバランスをとりながら、細胞を正常に保ったり、血圧を調整したりして、常に一定したよい体内の状態(恒常性)を維持するのに役立っています
ナトリウムはとり過ぎると高血圧の一因になりますが、その一方でカリウムは血圧を下げる働きがあります。

カテキン(ポリフェノール)

緑茶に含まれているのが有名ですが、ももにも含まれています🍑!
カテキンは強い抗酸化性があるので、活性酸素の抑制や細胞を修復しがん予防やアンチエイジングにも効果を発揮ます。

お勧めの保存方法とおいしいももの見分け方

保存方法

未熟な桃を冷蔵するとそのまま傷んでしまうため、新聞紙などに包み、風通しのよいところで保存(追熟)しましょう!
1~2日ほど置いておくと、熟してやわらかくなります。

やわらかく熟した桃は傷みやすいので、早めに食べましょう
桃は冷やし過ぎると香りや甘味が落ちるため、食べる1~3時間前に野菜室に入れるのがお勧めです😋✨

見分け方

ふっくらとした丸みがあり、うぶ毛がまんべんなく生え、キズや凹みがないもので、黒ずみがいないものがよいです😯💡
色の濃い部分に白い斑点が出ていると、より甘味が強くなっています!

調理方法

ももには水溶性のビタミンが多く含まれており、水に溶けやすく熱すると減退してしまうものが多いです。
しかし、ももは生でそのまま食べることができるため、そのまま食すことで、栄養素を余すことなく摂取することができます。
また、脂溶性のビタミンEが含まれているため、苦手でなければマリネやサラダなど油を使った火を通さない料理もお勧めです!

ももに含まれるカテキンの抗酸化力はビタミンEやビタミンCの抗酸化サポートを受けると、一層パワーアップします!
ビタミンCの多いキウイフルーツ🥝やレモン🍋、イチゴ🍓などと一緒に摂取したり、カルシウムを補給できるヨーグルトに加えるのもお勧めです🍴😊

まとめ

旬のももについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?
ちなみに皆さん硬いももと柔らかいももどちらが好きですか?産地にもよりますが、やわらかい桃は、7月上旬から下旬、固い桃は、8月下旬から9月上旬がベストシーズンとなるそうです。
皆さんも是非、旬の食材を食べて秋を満喫してみてください😋💖!

農林水産省 HP

日本食品標準成分表2020(八訂)

果実の森公園

旬の食材百科

果物情報サイト 果物ナビ

中村丁次 栄養の基本がわかる図解事典 成美堂出版 2020年4月

吉田企世子 春夏秋冬おいしいクスリ 旬の野菜の栄養事典 株式会社エクスナレッジ P100

この記事の著者

ゆーみん

管理栄養士

株式会社ヘルシーパス 企画開発部 / ためになる栄養講座・ブログ・お問い合わせ担当
自分自身のアレルギーと偏食がきっかけで管理栄養士を志向。大学卒業後は給食委託会社に就職し介護食からスポーツ栄養まで幅広い食に従事。

読んでいただいた皆さんに「ためになった」「面白かった」と思っていただけるようなブログづくりを心掛けています。
自己紹介ブログ ⇒ 新しいメンバーの自己紹介(管理栄養士:荒木)

栄養価の高い夏野菜~レタス~

レタスは年中手に入れられる野菜ですが、今の時期(初夏)が一番おいしいと言われています🥬✨

今回は、そんな旬の「レタス」についてご紹介します💡

 

続きを読む

旬の枝豆を使った「疲労対策レシピ」

初夏から秋ごろまで旬となる枝豆は子どもの おやつ やビールの おつまみ などに最適で、よく食べている人も多いと思います。

江戸時代でも茹でた枝豆を食べ歩き、ファストフード感覚の食物だったそうです。

今回は栄養価も高く食べやすい枝豆を使った疲労対策レシピ枝豆と豚ひき肉のキーマカレー」をご紹介します💡

続きを読む

グアガム入り 春キャベツのごま和え レシピを紹介します!

生でも美味しい春キャベツですが、さらに食べやすくするために ごま和え にしてみました😄

日本人は食物繊維の摂取量が不足しているため、水溶性食物繊維が補給できる「グアガム」も加えて、体に嬉しい一品です💡
※グアガムは1包で4g以上の食物繊維が補給できます。

是非、作ってみてください✨

続きを読む

『ビタミンD入り白菜の豆乳スープ』のレシピ

白菜は出荷時期によって春白菜、夏白菜、秋冬白菜に区分されますが、旬は、秋冬白菜の出荷時期である10~3月です。

また、冬は日照量が少なく体内でビタミンDが不足する時期だと言われています💦

そこで今回は、「ビタミンDを入れた白菜レシピ」をご紹介します💡

続きを読む

栄養価の高い秋野菜~マッシュルーム~

クセがなくコロンとした姿が愛らしいマッシュルームですが、最近は缶詰だけでなく生のマッシュルームもスーパーでよく見かけるようになってきました☝😀
今回は今が旬の「マッシュルーム」について簡単にご紹介します!

続きを読む

栄養価の高い夏野菜~枝豆レシピ~

旬の枝豆は、未成熟な大豆のことを指します。
ビールにぴったりのおつまみのイメージですが、栄養素も豊富でお勧めの食材です😀✨

今回は枝豆を使ったレシピを3つご紹介します!

続きを読む

日本人の食事摂取基準(2020年版)について

令和2年度~6年度の5年間使用される「日本人の食事摂取基準2020年版」の概要が発表されました。
策定の方向性や栄養素の摂取量について大きく変更されたものもありますので、簡単にご紹介します😊✨

続きを読む

栄養価の高い春野菜~アスパラガスレシピ~

春が旬のアスパラガスはベータカロテン(ビタミンA)葉酸ビタミンKが豊富に含まれる栄養価の高い春野菜です💫

特にベータカロテン(ビタミンA)は肌や粘膜の健康を保ち、肌の保湿炎症抑制効果があるため、
春から徐々に増え始める紫外線の対策に効果的です🌞✨

ということで、今回はアスパラガスを使ったレシピを3つご紹介します!

続きを読む

関連サイト