栄養価の高い冬野菜~芽キャベツ~


今日の静岡は、2月とは思えないほど温かい春の陽気です春
しかし、この温かさも長くは続かず、また冬の寒さに逆戻りするようですので、体調管理には十分気を付けないといけないですねビックリマーク

今回は、今が旬で静岡を代表する栄養価の高い冬野菜である「芽キャベツ」をご紹介しますbowtie音譜

●特徴
ヨーロッパ地中海・大西洋沿岸が原産で、江戸時代末期~明治時代初期頃に日本に伝わったとされています船

芽キャベツは、茎に沿って生えるわき芽を摘み取ったものです。
1株から60~70芽採れるものもあり、その形状から「子持ちかんらん」とも言われています。

栄養素の構成はキャベツと似ていますが、100gあたりの栄養素の含有量ははるかに多く、ビタミンC約4倍食物繊維約3倍も含まれていますbulb
その他、ビタミンB群ビタミンKベータカロテンミネラル類も豊富です。

つぼみがバラの花びらのように開いた非結球性の芽キャベツに「プチヴェール」がありますが、これは、ケールと芽キャベツを交配して誕生させたアブラナ科の野菜です。
その名の由来はフランス語で「小さな緑」を意味しています。

プチヴェールにも、ビタミンCをはじめとしたビタミン類、鉄分、カリウムなどの栄養素を豊富に含まれていますグッド!

●調理と組み合わせ
芽キャベツはアクが強めなので、調理するときはアク抜きをしてからの方が美味しく仕上がります。
アク抜きの方法としては、外側の皮をむき、軸に十文字の切り込みを入れてから塩茹でします。
※長時間茹でると栄養素がたくさん逃げ出してしまうため、サッと茹でるのがポイントですにこにこ

芽キャベツは、葉がきつく巻いていて少しほろ苦いため、バター炒めやシチューなどの洋風煮込み料理に向いています。
ビタミンEが少なめなので、ビタミンEが豊富なカボチャ恵比寿カボチャ1ナッツアーモンド☆大豆製品大豆と合わせるのがお勧めですblush

●選び方
葉の緑色が鮮やかで、巻きがしっかりとしたものを選びましょう野菜
小ぶりのサイズ硬そうな物の方がうま味が強いことが多いです。

●保存方法
乾燥が苦手なので、水で湿らせたキッチンペーパーなどで包んでからポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します冷蔵庫。

今の日本人はビタミンB群もビタミンCもビタミンA(ベータカロテン)も不足していますが、芽キャベツは日本人が不足している栄養素を補うためにぴったりの野菜です!!

乳製品MILK魚介類うお座アサリと合わせて調理することで、不足している他の栄養素のカルシウムマグネシウムなども補うことができます。

旬の今、是非、色々な調理法で芽キャベツを召し上がってみてくださいblushキラキラ

  

(さ)

  

<参考>
・春夏秋冬おいしいクスリ 旬の野菜の栄養辞典 (吉田企世子:監修)
・日本食品標準成分表2010
・静岡県のホームページ
・独立行政法人農畜産業振興機構のホームページ
・厚生労働省のホームページ

食物と栄養素 関連記事もご覧ください

\この記事が気に入ったらフォロー/

Facebook

最新情報をお届けいたします