【サプリメント紹介】「α-リポ酸」


α(アルファ)-リポ酸は「有害ミネラル対策」として有名な栄養素ですが、今回はそんなα-リポ酸を配合サプリメントで、商品名はその名の通りの「α-リポ酸」についてご紹介しますbulb


【商品写真】

2016093006

【粒写真】
2016061631

●α-リポ酸とは?
α-リポ酸はチオクト酸とも呼ばれる有機化合物です。
細胞の中にあるミトコンドリアという器官に存在し、特にエネルギー産生に関わる補酵素として働いています。

働きとしてはビタミン類と近いのですが、ビタミン類とは異なりヒトの体内では合成することができるため「ビタミン様物質」とも呼ばれます。

また、有機化合物の中でも硫黄を含むことが特徴的です。
硫黄を含むので匂いはキツイですが、身体にとってとても重要な役割を果たします。
さらにα-リポ酸は体をサビから守る力があり、その力はビタミンCやビタミンEよりも高いと言われています驚き顔びっくり

●「α-リポ酸」に配合されている栄養素について
<配合されている栄養素>
α-リポ酸
L-シスチン
L-メチオニン
L-オルニチン
MSM(メチルスルフォニルメタン)

L-シスチンとL-メチオニンはアミノ酸で、MSMは自然界に広く存在する有機化合物ですにこにこ

上記の栄養素のうち、L-オルニチン以外は全て分子構造中に硫黄を含むため、有害ミネラル対策に有効だと言われていますグッド!キラキラ

●L-オルニチンが配合されている理由
「α-リポ酸」の中で唯一硫黄が含まれないのがL-オルニチンですが、実はα-リポ酸の弱点をカバーしてくれています。

α-リポ酸はとても不安定他の栄養素と反応性が高いため、単独(空腹時)での摂取を勧められることが多いですが、当社の「α-リポ酸」はα-リポ酸とオルニチンを結合させることでこういった問題を克服しています。

そのため、「α-リポ酸」は空腹時でなくてもいつでもお好きな時間に飲んでいただけるというメリットがありますにこにこ

※ご注意※
「α-リポ酸」サプリメントをご利用いただくにあたり、2点ほど気を付けていただきたいことがありますサゲサゲ↓

①遺伝的に合わない方がいます
α-リポ酸が遺伝的に合わない方がおられます。
特に日本人では25人に1~2人が該当し、その方がα-リポ酸を摂取するとインスリン自己免疫症候群を引き起こしてしまう可能性がありますあせる
インスリン自己免疫症候群では低血糖状態になることもあるため、初めて摂取する場合には体調の変化に気を付けてください。

<低血糖症状>
・冷や汗が出る
・急に強い空腹感を覚える
・動悸がする
・手足が震える
・ふらつく
・頭痛

②湿気が苦手です
「α-リポ酸」は湿気に弱いサプリメントですショック!
そのため、湿気により硫黄臭が強くなってしまうことがあります。
湿度の高い場所での保管」「冷蔵庫保管」「キャップの浮き、閉め忘れ」「濡れた手等で触ったサプリメントをボトルに戻す」などは避けるようにお取り扱いください注意

有害ミネラル対策」や「身体をサビから守る」など様々な働きが期待できる「α-リポ酸」。
是非、お試しくださいにこにこ

 

(さ)

 

<参考>
・独立行政法人 国立健康・栄養研究所 「健康食品」の安全性・有効性情報

サプリメント紹介 関連記事もご覧ください

\この記事が気に入ったらフォロー/

Facebook

最新情報をお届けいたします