グルコン酸は血糖値上げますか?


今回は「亜鉛」のお話です。

ヘルシーパスの亜鉛単体サプリメントは、グルコン酸亜鉛(Zinc gluconate)という原料を使用しています。

+++++++++++++++

グルコン酸は、D-グルコース(ブドウ糖)を酸化してできる、少し酸味のある有機酸です。

グルコン酸ってなんだろ?という方には、以前、ヘルシーパスブログで詳しく紹介していますので、是非読んでみてください

↓↓↓

グルコン酸って何? (2013年11月12日記事)

亜鉛の吸収率が良く、かつ厚生労働省が

「粉ミルク(母乳代替食品)などにも使用して良いよ」赤ちゃん 2

としている安全な原料です。

+++++++++++++++

先日、「グルコン酸亜鉛は血糖値を上げますか?」というご質問をいただきました。

グルコースに近いものが亜鉛にくっついているとなると心配ですよね?

でも大丈夫です。

A. グルコン酸亜鉛が血糖値を上げることは理論上ありません。

++++++++++++++++

「血糖値を上げなかった」という臨床試験の報告はみられませんが、前述のように、グルコン酸はグルコース(ブドウ糖)ではないため、血中のグルコース量を測る「血糖値」を上げることはありません。

+++++++++++++++

むしろ、亜鉛は血糖をコントロールするインスリンの構成成分で、血糖に関するさまざまな酵素にも関わっています。

亜鉛が豊富な牡蠣を早く食べたい

(の)

サプリメント紹介 関連記事もご覧ください

\この記事が気に入ったらフォロー/

Facebook

最新情報をお届けいたします