花粉症メカニズム


前回は「免疫にかかわる細胞などの説明」ということで、免疫について説明するときによく出てくる単語についてまとめましたblush

今回は、今の時期悩まれている方が多い「花粉症のメカニズム」についてまとめたいと思いますbulb
(単語で分からないものは、前回のブログを参考にしてみてください音譜

●花粉症とは
春に飛散するスギやヒノキ、シラカバなどの花粉に対するアレルギー反応により目や鼻、のどなどに現れる様々な症状の総称のことです風邪or花粉。
そのため医学用語としては、花粉症よりもスギやヒノキ、シラカバなどの花粉が原因であるアレルギー性鼻結膜炎の方がより正確です。

●花粉症の原因や症状など
スギ林は日本の国土に占める面積が大きく、花粉症の約70%はスギ花粉が原因だと言われています花粉飛散。

北海道にはスギ花粉の飛散量は少ないのですが、その代わりにシラカバ花粉症が問題となっています北海道

ヒノキ花粉症については、現在は、ヒノキ科はまだ幼い林が多いので少なめです。
しかし、スギ花粉症の人はヒノキ花粉にも反応しやすく、将来的には成熟したヒノキが増加してヒノキ花粉の飛散割合が多くなると予想されており、今後はヒノキ花粉にもより注意が必要です注意
ちなみに、沖縄にはスギは全く生息しないそうですびっくりびっくり

典型的な症状は、「くしゃみ」、「鼻水」、「鼻づまり」、「目、鼻、のどなどの痒み」などで、これらは典型的は即時型アレルギー反応(アレルゲンを吸い込んでから数分以内に症状が出る)です。

くしゃみや目、鼻などの痒みは、ヒスタミンによる知覚神経の刺激が原因だと言われています。
鼻づまりは、ヒスタミンやサイトカインであるロイコトリエンが鼻粘膜の血管を拡張させて鼻粘膜が腫れること、鼻水は、ヒスタミンによって副交感神経が刺激されて鼻水の分泌腺が収縮することが原因だと考えられていますbulb

また、アレルゲン刺激から数時間後にはさらに炎症性物質が分泌されるため、鼻粘膜がもっと腫れて鼻づまりがひどくなります(遅延型アレルギー反応ショック!

●花粉症のメカニズム
スギ花粉の場合を例に説明しますサゲサゲ↓

①スギ花粉の抗原が鼻の粘膜内に入ると樹状細胞マクロファージと出会い、それらからスギ花粉の情報がT細胞に送られます(抗原提示)。

②情報をもらったT細胞はヘルパーT細胞となり、B細胞に情報を伝え、B細胞が花粉にぴったりと合う抗体スギ特異的IgE抗体)を作り出します。

③スギ特異的IgEがマスト細胞にくっついてスギ花粉に反応するようになり、スギ花粉に反応するとヒスタミンロイコトリエンなどを分泌します(即時型アレルギー反応)。

④マスト細胞は遊走因子と呼ばれる物質を放出して好酸球好塩基球などを呼び込み、大量のロイコトリエンを分泌します(遅延型アレルギー反応)。

2016061428

※ヒスタミンやロイコトリエンは悪者ではありません。
体を守るための防御反応として免疫細胞から放出されているもので、体にとって悪者と判断されてしまった花粉から、一生懸命体を守っているのです!!

花粉症を治すのはとても難しいですが、炎症を抑えるような栄養素や、腸内環境を整えるような成分免疫を調節する栄養素などの摂取はとてもお勧めですにこにこ
花粉症の方は是非、「オメガ3系脂肪酸」や「乳酸菌ビフィズス菌」、「ビタミンD」などを試してみてくださいビックリマーク

 

(さ)

 

<参考>
・厚生労働省のホームページ
・アレルギーは何故起こるか(著:斎藤博久)

身体の不調やメカニズム 関連記事もご覧ください

\この記事が気に入ったらフォロー/

Facebook

最新情報をお届けいたします