【論文紹介】食器の手洗いでアレルギー対策


食器洗いは手が荒れる」「忙しいから食器を洗っている余裕がない」などの理由で食器洗浄機を導入されている家庭が多いですねbulb
また、一方でお子様のアレルギーについてお悩みの方も多いようですショック!

先日、「食器を手洗いした方がアレルギーになりにくいかもしれない」という内容の論文を発見しましたので、今回はこの内容について簡単にご紹介しますbowtie

【目的】
乳幼児期の衛生環境が清潔すぎると、免疫機能が働かないために免疫系の発達に影響し、アレルギーの発症のリスクが上昇するという衛生仮説があるが、食器の洗浄方法のような一般的な生活の中で行われている慣行によって、微生物への暴露を増加させることができるかもしれない。

そこで、このような生活様式の要因がアレルギーに関連付けられているかどうかを調査する。

【被験者】
スウェーデンの北にあるキルナと、スウェーデンの南西海岸のヨーテボリエリアにあるモルンダルに住む7~8歳の子供1029人。

【方法】
喘息、湿疹、及び鼻結膜炎に関する質問が載ったアンケート形式

【結果】
親が食器を手洗いしている場合、子供の湿疹の発症率は23%であったのに対し、食器洗浄機を使用した場合は38%であった。
喘息の場合ではそれぞれ1.7%7.3%であった。

このように、食器を手洗いした場合は、アレルギー疾患の発症リスクの低下ダウンと関連していた。
また、子どもたちも発酵食品を食べていた場合と、もし家族が農場から直接食べ物を購入した場合はさらにリスクは低下ダウンした。

<論文>
https://pediatrics.aappublications.org/content/early/2015/02/17/peds.2014-2968

この論文の結果より、食器を手洗いした方が食器洗浄機で洗浄するよりも子供がアレルギーになりにくいことが分かりますbulb

手で食器を洗うと手が荒れたり、家族が多いと洗うのはとても大変ですショック!
そのため食器洗浄機を否定するわけではありませんが、食器を手洗いすることのメリットがあるという点には注目したいですねeyes

  

(さ)

研究・論文紹介 関連記事もご覧ください

\この記事が気に入ったらフォロー/

Facebook

最新情報をお届けいたします