海外での抹茶の利用方法


日本のスーパーフードのひとつに抹茶があります。

日本では「抹茶=茶道」というイメージがあり、あまり馴染みがない人も多いかもしれませんが、最近では海外でも人気があり、優れたスーパーフードであると注目が集まってきています。

今回は、「海外での抹茶の利用方法」についてまとめます💡

 

海外での抹茶の利用方法

海外での抹茶の利用方法の主なものは以下の通りです。

・茶筅を使った抹茶を点てる
・ペットボトルに入れてシェイクする
・抹茶ラテなどミルクと混ぜる
・お菓子用に使用する
・スムージーに使用する

 

海外での抹茶の利用例

以下のサイトで抹茶を使った様々な料理のレシピなどが紹介されています。
参考にしてみるのも良いと思います。

Aiya
DoMatcha
Rishi Tea

 

抹茶の効果

抹茶の摂取によって、運動時の脂肪燃焼効果が高まるという以下のような報告があります。

 

イギリスに住む平均年齢27歳の13名の健康な女性を対象に、抹茶を摂取してもらって代謝について調べた無作為化交差試験。
なお、試験は月経周期の卵胞期(月経開始後9〜11日)に行われた。

参加者の抹茶の摂取については、試験の前日に1gを3回、一晩絶食し、試験の2時間前に1gを摂取した。
試験はトレッドミルにて5または6-METs(中程度の強度の運動)の歩行を30分間行い、8~10分、18~20分、28~30分に呼気を回収し心拍数を記録して評価を行った。

結果、脂質酸化(脂肪燃焼)は運動開始28~30分が最も高く、抹茶摂取はプラセボよりも炭水化物酸化が低く、脂質酸化が高かった。

運動前の抹茶の摂取によって、女性は脂肪燃焼しやすくなる可能性がある。

 

Matcha Green Tea Drinks Enhance Fat Oxidation During Brisk Walking in Females.
Int J Sport Nutr Exerc Metab 28(5),p536-541(2018)

 

 

 

抹茶が飲みたくなったのは私だけでしょうか❓

抹茶(緑茶)には、脂肪燃焼効果の他に「認知症予防」「がんリスク低下」、「骨粗鬆症予防」、「子宮頚部異形成(子宮頚部の細胞の異常発達)軽減」、「冠動脈疾患リスク低下」、「老化抑制」、「アレルギー緩和」などの様々な効果も期待されています。

海外での抹茶の利用方法を参考に、是非、毎日の生活に抹茶を取り入れてみてください。

なお、抹茶は茶葉をまるごと摂取するため、慣行栽培のものでは農薬の心配もあります。
そのため、有機栽培のものが安心でお勧めです😃

 

 

(管理栄養士 さ)

 

 

<参考>
「~緑茶と健康のメカニズム~機能効用ナビゲーション2013」


\この記事が気に入ったらフォロー/

Facebook

最新情報をお届けいたします