平成25年国民健康・栄養調査結果のまとめ


昨年の12月に厚生労働省より平成25年の国民健康・栄養調査結果が発表されました。
平成25年「国民健康・栄養調査」の結果(厚生労働省のホームページ

今回は「平成25年国民健康・栄養調査結果」について簡単にまとめてご紹介しますbowtie

●国民健康・栄養調査とは
国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基礎資料として、国民の身体の状況、栄養摂取量及び生活習慣の状況を明らかにするため、厚生労働省が毎年実施しているものです。
平成25年は、5,204世帯を対象に実施し、3,493世帯から回答が得られ、1歳以上を対象とした栄養素摂取量については、7,801人を解析し、1人1日あたりの平均値を算出していますbulb

●平成25年国民健康・栄養調査結果まとめ
詳細は厚生労働省のホームページをみればわかるので、昨年と比較して大きく変化している項目や、注意が必要だと思われる項目などをピックアップしてご紹介しますにこにこ

【栄養素摂取量】
・ビタミンA
ほとんどの年代で推奨量に満たない摂取量です。
男性では12~69歳女性では20~69歳で推定平均必要量にも達していません。
ビタミンAが不足すると、目の乾燥eyes視力の低下メガネ下痢感染症にかかりやすくなったりします。

※ビタミンAの摂取量には、プロビタミンAであるベータカロテンの摂取量を含みます

<平成25年ビタミンAの摂取量と推奨量の比較>
2016061419

※捕捉※
推奨量 … ほとんどの人(97~98%)が不足とならない量。
推定平均必要量 … 50%の人が不足していると考えられる量。

・ビタミンB1
全ての世代で推奨量に満たない摂取量です。
また、15歳以上では推定平均必要量にも満たないほど不足が深刻です。
ビタミンB1が不足すると、疲れやすくなり、手足の感覚が鈍くなるだけでなく認知症のような症状が現れることがあります。

<平成25年ビタミンB1の摂取量と推奨量の比較>
2016061420

・ビタミンB2
多くの世代で推奨量に満たない摂取量です。
特に、男性では15~59歳女性では15~49歳不足が深刻で、推定平均必要量にも満たない摂取量です。
ビタミンB2の不足では、成長障害口角炎舌炎咽喉炎皮膚炎が見られます。

<平成25年ビタミンB2の摂取量と推奨量の比較>
2016061421

・ビタミンC
男女とも7~59歳で推奨量に満たない摂取量です。
特に15~49歳では推定平均必要量にも満たず、とても不足しています。
ビタミンCが不足するとコラーゲンが作れないため、肌荒れ歯肉炎内出血が起きやすくなります。
また、貧血症状も現れます。

<平成25年ビタミンCの摂取量と推奨量の比較>
2016061422

・カルシウム
全ての世代で目安量に満たない摂取量です。
過去2年間と比較して、1~19歳、40~59歳で減少傾向にあります。
成長期や中高年でカルシウム不足が深刻です。

<平成23~25年のカルシウム摂取量の比較>
2016061423

・マグネシウム
15歳以上で推奨量に満たない摂取量です。
男性では15~69歳女性では15~59歳で推定平均平均必要量に達していません。
カルシウムとマグネシウムの理想の摂取比率は1~2:1と言われており、カルシウムと共に摂取量を増やす必要がありますビックリマーク

<平成25年マグネシウムの摂取量と推奨量の比較>
2016061424

・亜鉛
ほとんどの世代で推奨量に満たない摂取量です。
男性では7歳以上女性では30~69歳で推定平均必要量にも達していません。
亜鉛が不足すると、小児の場合には成長障害性腺発育障害がみられるようになり、この他、免疫力の低下ダウン発疹傷の治りが遅い男性機能不全貧血など多くの症状が起こる可能性があります。

<平成25年亜鉛の摂取量と推奨量の比較>
2016061425

・鉄
男性では1~19歳、女性では69歳以下で推奨量に満たない摂取量です。
男性では10~17歳10~69歳で月経のある女性は、推定平均必要量にも満たない摂取量です。
激しい運動によって鉄は消耗しますが、成長期であり運動をすることの多い若い世代で不足していることは問題ですビックリマーク
鉄不足で代表的な症状は貧血ですが、貧血によって立ちくらみ疲労肌荒れ朝起きられないイライラ注意力散漫物忘れ慢性的な冷えなど様々な体調不良が起こる可能性があります。
また、運動機能や認知機能の低下ダウン免疫機能の低下ダウンなどの心配もあります。

<平成25年鉄の摂取量と推奨量の比較>
2016061426

出来合いのお総菜やお弁当べんとう、カップ麺、ハムロースハム・ホール、ソーセージソーセージなどの加工食品、脂身の多い肉や魚、ご飯おにぎりやパン食パン、麺ラーメンなどの炭水化物ばかり食べていませんかはてなマーク
もしかすると、あなたのその体調不良は栄養素が足りないことによるかもしれません。

上記の足りていない栄養素をたくさん含む食材は、「緑黄色野菜野菜」、「大豆製品大豆」、「魚介類アサリうお座」、「赤身の肉ステーキ一切れや魚刺身」などです。

不足している栄養素をしっかり補って、毎日元気に過ごしたいですね音譜

身体活動や身体状況などについては次回まとめる予定です。
お楽しみに~バイバイ

 

(さ)

 

<参考>
・厚生労働省のホームページ
・国立健康・栄養研究所 「健康食品」の安全性・有効性情報

研究・論文紹介 関連記事もご覧ください

\この記事が気に入ったらフォロー/

Facebook

最新情報をお届けいたします