【論文紹介】若く見える人は体の内側も若い


最近では「美魔女」という言葉が普通に使われていますが、見た目が実年齢よりも若く見える方がたくさんいらっしゃいますねキラキラ
しかし一方で、残念ながら実年齢よりも老けて見られてしまう方もいらっしゃいますscream

先日見つけた論文によると、「生物学的年齢(体年齢)が実年齢よりも高い人は、顔の見た目も実年齢より高い傾向にあるようだ」ということですbulb

そこで今回はその論文内容を簡単にご紹介しますbowtie

●老けて見える人は体年齢が高い
体年齢が実年齢よりも高い人は顔の見た目も実年齢より高い傾向にあるようだ、という内容の研究報告ですサゲサゲ↓

【目的】
世界人口は高齢化しており、老化に関連した疾患が増加しているため、疾患に対する負担を軽減して生産性を守るためにはアンチエイジングが必要だと考えられる。

若いうちは疾病の予防をしやすいため、若者は健康寿命を上げるための魅力的なターゲットであるが、まだ慢性疾患を持っていない若年成人で老化のプロセスを見つけることができるかは疑問がある。
そこで、老化関連の疾患を発症していない若者の生物学的老化を評価する。

【対象】
1972年~1973年にニュージーランドのダニディンで産まれた1,037人の若者

【方法】
対象者を26歳から38歳までの12年間追跡したコホート研究
26歳、32歳、38歳の時に生理機能(心血管、代謝系、免疫系、腎臓、肝臓、口腔内、肺、DNA)に関連する18種類の生物学的指標を検査して体年齢を算出
加齢速度は、26歳を基準として38歳になった時の体年齢から算出した(実年齢が38歳の時に体年齢が40歳であれば、加齢速度は1.2年となる)。

【結果】
加齢速度が0年の人もいれば3年近くの人もいた。

実年齢よりも体年齢が高かった人
・より身体機能に問題を抱えていた
認知機能が低く、認知検査の所見と一致して網膜血管年齢も高かった
・38歳時点での顔写真は実年齢より高く見えた

【まとめ】
本研究における老化の生物学的指標は、身体機能や脳の健康、顔の外観などに反映され、実年齢よりも体年齢が高い人は老化のスピードが速かった
現在では、老化は複数の臓器系全体の段階的かつ進行性の悪化だと考えられているが、この過程は若い段階でも老化を定量化できる事が示唆された。

<論文要旨>
http://www.pnas.org/content/early/2015/07/01/1506264112.abstract

加齢速度が0年(実年齢が38歳でも体年齢が26歳)の人たちはどんな生活を送っていたのか気になりますね!!

おそらくその方々は、「外食が多い」「加工食品ばかり摂取」「就寝時間が遅く、睡眠時間が短い」「ストレスフル」という生活は送っていないのではないかと思います。

美魔女のように実年齢とかけ離れて若く見える必要はないと思いますが、少しでも実年齢よりも若く見えて健康的でいられたら嬉しいですよねにこにこ音譜

きっと、十分な栄養」や「休養」をとって「適度な運度」をして「ストレスをためない」生活を送ることが役に立つと思いますよbulb

 

(さ)

 

<参考>
・リンク・デ・ダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース

研究・論文紹介 関連記事もご覧ください

\この記事が気に入ったらフォロー/

Facebook

最新情報をお届けいたします